※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

/ / / /


「最悪、笹野のビキニでも…」


「サクサクやん!」

  • 有野の挑戦にて、序盤を難なく突破し、調子に乗った際に良く出る発言。
  • 直後、必ずミスが起こるのはお約束。

「刺すぞ! 刺すぞ!」


「さっきのところ~って言うてるんかな」


「34の子持ちですわ・・・パスワード書いてる僕・・・」




「時間という概念は怖いなぁー」


「下の三角を雲に合わせるんだ」

  • CX#28(第4シーズン第8回)、有野の挑戦スーパーマリオ64』より。
  • 大砲を使って遠く離れたスターを取る場面で「攻略本に書きやすい照準があるはず」と、知恵を絞った有野の発言。
  • スター獲得はできなかったものの非常に惜しい結果となり、再挑戦で見事獲得。あながち間違った予想では無かった。

「ジャパーン! ジャッパーン!」

  • CX#22(第4シーズン第2回)、有野の挑戦ファイナルファイト』より。
  • ボーナスステージで、自動車を鉄パイプで叩きながら楽しそうに口にした言葉。
  • 車のナンバープレートに"JAPAN"と表記されていたことから。
  • ちなみにこの車はザコ敵のもの。

「シャラポワの付け乳首や」


「場外、反則や言うたくせに・・・」

  • CX#27(第4シーズン第7回)、有野の挑戦スーパーマリオ64』より。
  • ボムキングを場外に投げ飛ばし、それが反則と言われ戦いを続けていたところ、ボムキングがマリオを場外に投げ飛ばそうとした際の発言。

「小6やったら『バビッた~』って言うんやろうな」


「新喜劇みたいに出てきたなー」

  • CX#03(第2シーズン第3回)、有野の挑戦魔界村』より。
  • 端の壁から突如歩いて登場する敵『ゴブリン』を、吉本新喜劇の舞台のソデから出てくる演者に見立てての発言。

「人工イクラを否定する魚屋さんの話かな」

  • CX#32(第5シーズン第2回)、有野の挑戦魂斗羅』より。
  • ゴム長靴を履いているように見える主人公と、イクラに見える弾を見て判断した一言。



「スーパーモンキーに比べたら狭いんちゃうかな」


「スターの貫禄や!」


「スタッフからの労いの言葉も無く・・・」


「すっげぇ俺の微調整テクニック!」


「ストIIじゃない! ストや・・・」




「絶対俺を欲しがってるよー」


「節約生活や・・・エネルギー節約生活や!」

  • 「CX」#06(第1シーズン第6回)、有野の挑戦アストロロボSASA』より。
  • どうしても12面でエネルギーが尽きてしまうため、温存しながらゲームを進めていく作戦についての一言。
  • 元ネタはもちろんテレビ朝日のあれ。

「全国のゲーム好きのちびっ子&中年のためにもな!」


「全国のちびっ子と、中年と主婦に向けてやりましょうか!」




「そこにエンディングがあるからや!」

  • 「なんでそこまでゲームをするんですか?」との問いに対する有野の答え。
  • 後世に語り継がれる名言である。

「ソフトワレ? ソフトワレってなんや?」

  • DVD-BOX vol.2映像特典、有野の挑戦特別編『いっき』にて。
  • SECRET LETTERを組み合わせ、完成した単語"SOFTWARE"を目にした有野の第一声。
  • ゲーマーならば読めてほしいところ。