※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

/ / / /


「賢い!」

  • 謎解きを解いたり、巧妙なプレイが発動した際に発する言葉。
  • それがまぐれや簡単な謎であっても、有野は必ず誇らしげである。

「カスカスになるまでやりたいなー」

  • CX#24(第4シーズン第4回)有野の挑戦アクトレイザー』より。
  • 収録そっちのけでクリエイションモードに没頭する有野が、ぼそりと呟いた一言。
  • 「やり込む」という意味らしく、薗部博之にインタビューした際にも使っていたが意味が伝わっていなかった。
  • カスカスになるまでやった結果、時間切れとなり挑戦を失敗している。

「形見とかだったら嫌やなー」


「勝手しすぎちゃうかなー」

  • 挑戦中、ゲーム内容が己の意図しない方向に進んだ際によく発する言葉。
  • 勝手にワープさせられた際などに用いられる。

「蒲田入れ食いやなぁ」

  • たまゲー企画で訪れた蒲田のゲームセンターでの発言
  • 景品ゲームを大量にゲット。綾波レイのフィギアをゲットした時に思わず出た言葉

「我慢でけへん!」

  • 耐え難い衝動に駆られた際に発する言葉。
  • CX#33(第5シーズン第3回)、有野の挑戦ボナンザブラザーズ』で、
    敵を押しつぶす罠を発見した有野がその楽しさに負けて、時間制限があるにもかかわらず何度もやってしまった時に口にした。
  • そのほか、DVD-BOX vol.2映像特典『いっき』でも用いられている。

「頑張れよ高橋~」




「機械の体やったら良かったのになー」


「急やなー」

  • 挑戦中、ゲーム内容に急展開が生じた際によく発する言葉。
  • ボスキャラがいきなり登場した際によく用いられる。

「餃子定食と・・・餃子ね」


「斬れ! 斬れ! よーし斬った! もっと斬れ!」








「ゲーマーとして『説明書を見る』っていうのは屈辱やなー」

  • CX#39(第6シーズン第3回)、有野の挑戦マイティボンジャック』より。
  • 通常では開かない宝箱の開け方を確認するため、いやいや説明書を確認する際の一言。
  • ゲーマーとしてはむしろプレイより先に行うべき行動なのだが、有野はプライドがそれを許さないらしい。

「ゲームセンターCX! かちょオーン!!」

  • 挑戦の開始を意味し、自らを奮い立たせる有野の掛け声で、
    「ゲームセンターCX!」の「X!」でソフトを挿入、「かちょオーン!!」の「オーン!!」でハードの電源をONにする。
  • CX#22(第4シーズン第2回)、『ファイナルファイト挑戦開始時に、思いつきで「ゲームセンターCX!」と気合を入れたのが初出。
    さらにCX#31(第5シーズン第1回)、『海腹川背挑戦戦開始時に、またも思いつきで「かちょオーン!!」と付け足し、
    それ以降はその思い付きが挑戦開始を意味する合図となっている。
  • 有野はこの流れを漫画化してほしいらしい。希望としてはファミ通の2P枠。
  • 漫画化のオファーも無く、飽きてしまったのか、第6シーズンからはこの掛け声は使用されていない。
  • しかし、ファン感謝デー第二部において久々にこの言葉を発した。その後『アドベンチャークイズハテナ?の大冒険』挑戦開始の時も発した。これは単行本vol.3で漫画化が決定したためである。
  • 余談だがファン感謝デーの前にCX#42(第6シーズン第6回)、『アドベンチャークイズハテナ?の大冒険』の収録が行われていた関係この挑戦で久々に発したことになる。
  • 以後は本人の気分次第で言ったりする。

「ゲームは1日、12時間ぐらいだ!!」

  • CX#23(第4シーズン第3回)、有野の挑戦高橋名人の冒険島』にて。
  • ボス・キュラ大王を撃破したときに叫んだセリフ。
  • 高橋名人からの応援FAXに「ゲームは1日1時間」と書かれていたため、それに対する返答。

「現代っ子やなー」

  • 自分より若いADの行動に対してよく使う言葉。
  • ゲームがうまくいかないとすぐあきらめる、あっさりとリセットを押すなどの行為に対して使われることが多い。
  • 同義語に「ゆとり教育か?」がある。



「こいつら、悪いのに電車乗んなや」

  • CX#22(第4シーズン第2回)、有野の挑戦ファイナルファイト』より。
  • ラウンド2の電車のシーンで、悪役が電車に乗っているのを見て。
  • 切符を買っているのかどうかも怪しいところである。
  • 「車やろーこういう人らは」

「『こういう作業はお手のもの』的なの言われるなー」


「こういうのも出来るんですよー」

  • CX#25(第4シーズン第5回)、たまゲースーパーゲッツ藤沢店」より。
  • ドラムマニアプレイ前に、学生時代バンドを組んでいた事を明かし、スティックを回しながら発した言葉。
  • やはり過去は過去、結果は惨敗だった。

「心が折れるな」

  • クリアが難しい状況になったときによく発する言葉。
  • この発言が出たゲームはクリアできていない。

「この岩おこし取れそうやのになー」


「この制服の色があかんと思うのよね、紫なのか何なのか」

  • CX#21(第4シーズン第1回)、有野の挑戦ウルトラマン』より。
  • この回から課長に昇進し、作業着もニューカラーとなり心機一転で望んだ有野であったが、
    泣きの1回まで使用しゼットンに挑んだにもかかわらずゲームオーバー、挑戦失敗となってしまった時の言い訳発言。
  • ちなみに制服を変えた次の回でも、有野挑戦を失敗している。

「これ以上やったらゲーム嫌いになるよ」


「これ『いっき』の人ちゃうの?」



「これくらいのほうが、ヒヤヒヤしてええんちゃうっていうことなんやろうな」

  • CX#08(第2シーズン第8回)、有野の挑戦プリンス オブ ペルシャ後編』より。
  • ステージ16のクリアに時間を要し、オールクリアまでの時間制限にかなり迫ってしまった際に、
    残り時間が余裕がある状態でクリアするよりギリギリのほうが番組的に盛り上がると思った発言。

「これ失敗したら、笹野大阪に帰る」


「これ藤崎やと思うけどな」


「こんだけ広いけど、行きたいとこゲーセンだけやねんけどな」

  • CX#08(第2シーズン第8回)、たまゲーマザー牧場」より。
  • 大きな案内図から、ゲームセンターの場所を探している最中に言った。
  • ゲーマーの性である。