※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オリカ・ネストミール


オリカ[Orica]
ゲームでのヒロインの一人。
第三世代のレーヴァテイル。
ヒュムネコードは[MULE_TEIWAZ_ARTONELICO]

教会に所属する聖女候補ではあるが、ランクDでパートナーがいない。
後にライナーがパートナーとなるが、パートナーをつけられなかった事も
ライナーがパートナーとなることも、共にファルス司祭の意図する所であった。
(教会所属であれば通常ランクを問わずパートナーがいる)

性格・人柄

当初は非常に暗い、後ろ向きな思考であり、
劣等感や被害妄想にとらわれ自分を卑下する危うい性格であった。

これは主に、故郷のスクワート村が戦火により壊滅し、
その際家も家族も失った事から起因する部分が大きい。
亡くした両親の事は未だ心に残っており、
両親への手紙を書いては壊滅した村にある自宅へ毎月一度届けている。

またパートナーがいない理由もランクDであるからと考え、
自分の能力不足を前提とした後ろ向きな思考に陥っている。

しかしライナーとの出会いを経て病的な部分は解消されつつあり、
本来の無邪気な性格が強くなっている。
が、その本来の性格は自覚のない激烈な毒舌家であり、
口数が増えた事から、それは遺憾なく発揮されててしまっている。
誰にでも等しく接する為、目上の者への毒舌等で周囲をハラハラさせる事も少なくない。

またネーミングセンスも極めて独特で、
毒舌とあわせて彼女の大きな特徴となっている。
それはゲーム内メルク会話でのネーミングでやはり遺憾なく発揮されている。

さらに料理の腕も非常に独特であり、
おおよそ理解に苦しむ材料から、極めて末期的な見た目の料理を創り出す。
が、その味は(なぜか)掛け値なしに格別の美味であり、
過程と外観と一致しない味に周囲は首をかしげる事が多い。

クレアとの関係

クレアとは幼馴染であり、幼い頃からくっついて歩いていた。
クレアもオルゴールやぬいぐるみをあげたりとかわいがっていたようだ。
だが能力に優れ優しく村の有力者の子でもあったクレアに対し、
オリカは親しみと共に少なからず劣等感を抱いており、
コスモスフィア内で問題として噴出、のち解決された。

またクレアが村を離れ天覇に所属するときにオリカに渡したぬいぐるみは、
オリカの心の支えとなり、心の護どんすけとしてオリカを護り続けている。

ミュールとの関係

オリカのもつヒュムネコードは、偶然にもミュールのヒュムネコードとほぼ同じであり、
管理者用の三文節のコードとなっている。
この事からわかるように、オリカとミュールと精神波長(定常H波)は極めて近く、
ミュールはバイナリ野からオリカのコスモスフィア境界門を容易に突破できた。

そのため彩音回廊ではオリカを経由してウイルスを発現させたり、
ティリア神のデータを送り込んだりといった事態となっている。
シュレリアが言う穴、オリカの言う欠陥はこの事である。

ちなみにそのティリア神の一件(オリカがティリア神の生まれ変わりであるという話)は、
ミュールによるまったくの創作であり事実では無い。


  • 設定資料集及びアルトレカによるプロフィール
生まれ スクワート村 仕事 教会の聖女候補
年齢 17歳 趣味 謳う事、料理
好き どんすけ、クレア 嫌い 図々しい人、テル族
三謳神と逢うこと 座右の銘 強くなりたい

  • ステータス画面によるプロフィール
年齢 17歳 性別
身長 160cm 体重 44kg
好き エレミア三謳神、歌 嫌い 図々しい人、雑音
エレミア三謳神と逢う

関連年表
3753年 (0歳)スクワート村に生まれる
3764年 (11歳)スクワート襲撃戦で家と家族を失う
3767年 (14歳)ネモの教会に着く
3770年 (17歳)ライナーのパートナーとなる