※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

謳う丘


ホルスの翼辺境に存在する施設。
第三紀現在は遺跡となっている。

第一紀では波動科学とバイオテクノロジーを用いた生体兵器の開発試験施設であり、
ポムや飛竜といったモンスターの生まれ故郷である。
第一紀のホルスの翼ではこういった研究施設が多数存在していた。

しかしそれら生体兵器はグラスノインフェリア後の混乱の中で野生化してしまい、
第二紀中頃には「異形のもの」と呼ばれ人類を衰退させる程の脅威となった。

第二紀に発見されたこの施設は改築され、
ベータ純血種の詩魔法研究開発機関として利用された。
この事からこの施設は「謳う丘」と呼ばれる事となる。

その研究により様々なヒュムノスワードが開発され、
いくつかのヒュムノスエクストラクトも開発されるに至った。
ヒュムノスエクストラクト「PAJA」もその成果の一つ。

元々地下施設であった謳う丘は、
グラスノインフェリアや詩魔法の衝撃試験などにより大地が脆くなっており、
第二紀では施設の床が抜け、
多数の研究員やレーヴァテイルが死の雲海に消えるという惨事もおきている。

ゲーム中では開発の経緯からヒュムノクリスタルPAJAが存在した。
第三紀現在は施設の劣化は更に進んでおり、
あちこちで崩落がおきる非常に危険な施設となっている。

第三紀現在、近くにカルル村が存在するがこれより遠方は未開地であり、
その外寄りに位置する謳う丘が最も塔から離れた確認できる施設となっている。