※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フェーナ門


イム・フェーナ郊外に作られた巨大な門。

第二紀の過ちから過度な技術発展を危惧すし、
塔の中枢施設への人間の侵入を防ぐ目的で作られた。
これより上にはクレセントクロニクル、彩音回廊や氷の瞳などが存在し、
文字通り世界の命運を握る施設を護る為の防壁である。

さらに上に登る為にはこの門を通過するしかなく、
しかしフェーナ門はエレミア誓約書を遵守するテル族によって護られ、
ホルスの翼の人間はこれ以上登る事は不可能となっている。

しかし天覇は塔の解析と技術発掘を目的としているため、
度々テル族と激しい戦闘を行った。
過去にはフェーナ門が破られたこともあり、ミシャが拉致された時もそれにあたる。