※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

イオン交換体 ion-exchanger  


 イオン交換の能力をもつ特殊な不溶性の高分子をいい、一般に用いられるものは
固体状のものが多い。最初に無機イオン交換体が発見されたが、その後、炭質の有
機イオン交換体がつくられ、また無機質の陽イオン交換体であるゼオライトが発見
され、その合成物質もつくられた。続いてイオン交換樹脂が出現し、交換容量、耐
酸性、耐損耗性などの点から、現在、もっとも広く用いられている。