「ピーチの大冒険!?」とは

ファミ2コミックの2006年2月号から2007年4月号まで連載された、すぎやまかずみ作の漫画である。
任天堂のゲーム『スーパープリンセスピーチ』を原作にしている。

マリオとルイージ(そして、キノピオたち)がクッパにさらわれてしまったため、ピーチが相棒の傘「カッサー」とともに冒険する話である。最終回では回想録が紹介された。

登場キャラクター


メインキャクター

ピーチ姫
キノコ王国の王女。今回はマリオがクッパにさらわれたためカッサーとともに救出の旅に出ることになった。けっこうお気楽な性格だが、怒ると怖い(周囲の炎が出るほど)。もちろんボケ役。マリオのことを愛している。
カッサー
ピーチ姫の相棒の傘。気楽な性格のピーチに対し彼のほうがしっかりとしている。大半がツッコミ役。よくピーチに振り回される。初登場時は演技をしながら登場したがピーチに嫌がれた(「ノリが嫌」とのこと)。
キノピオ
クッパにさらわれたキノコ王国の住人。キノじい側近のおともキノがいる。
キノじい
ピーチ姫のお付きで陰でピーチの冒険を見守ったりサポートしたりしている。カッサー同様、大半がツッコミ役。ツッコミや驚く時に笠が跳ね跳ぶ。ピーチの冒険が終わった後は彼女に気づかれずに城へ帰り、今までの冒険をスライドショーにした。

サブキャラクター


マリオ
誰もが認める正義の味方の主人公……のはずなのだが、今回はクッパにさらわれたためピーチが助けに来るのを待っている。クッパとトランプ、ゲームで勝負したことがある。
ルイージ
マリオの弟。マリオ同様クッパにさらわれている。デカメックのトラップに掛かり黒焦げになったことがある(そして、ピーチの怒りの炎で黒焦げになった)。作中の中で一番醜い目に合っているキャラである。

クッパ軍団


クッパ

誰もが知っている悪の大王。キドアイラック島に別荘を建てている。ピーチのファンであるため、ピーチが別荘に来るのを楽しみに待っている。マリオに杖を横取りされそうになったところ、キドアイラックの杖を浴びて凶暴化した。一人称は、初登場時から12話までは「ワガハイ」だったが、14話では「オレ様」、「オレ」、「ワシ」に変わったりしていた。
デカメック
クッパの側近。魔法を使ってピーチに立ち向かうが、結局は負けてしまう。『マリオストーリー』と『ペーパーマリオRPG』のカメックババと共通する点が多い。
ノコノコ / パタパタ
クッパの一般兵で、クッパ同様ピーチ姫のファンである。

ボスキャラクター


ボスパックン
3話ののっけからピーチ姫に倒された。15話で久しぶりに出演した。一人称は「ワシ」。
モーリ
4話にて登場。雛に変装したキノじいを自分の子供と勘違いして自分の巣に連れ去っていた。自分の卵を返してくれたため、ピーチ姫にキノピオを返してあげた。ボスパックン同様、15話にて再登場。
キングテレサ
5話にて登場。ヒュードロ屋敷に入ったピーチ姫を怖がらせようとしたが、光が大の苦手でクッキーを崩してしまったことに怒ったピーチによって光が灯ったところ、怯えてしまった。怖い顔した半面、かなりの泣き虫。上記の2体同様、15話にて再登場。
ハナチャン
6話にて登場。ムカム火山による熱で苛立っていたが、ピーチ姫の歌によって苛立ちは解消した。
ボスゲッソー
7話にて登場。自分の部下をキノじいがピーチ姫に食べさせようとしたところを見て、キノじいを食べようとした。ピーチはその部下を返してあげた後、部下と共に海へと帰っていった。
ブリザドラス
8話にて登場。ドラゴンに化けた妖精で一人ぼっちが苦手。キノじいは舞台がシクシク氷山なだけあって彼女をゆきだるまのボスと思い込んでいた。雪だるまを崩したことに怒ったピーチにより、反省した後雪だるまに変装したキノじいを友達にさせた。


(現時点でのこの項目の内容はWikipediaからの丸写しです。加筆修正をお願いします。)