ファミ通DS+Wiiとは

ファミ通DS+Wiiは株式会社エンターブレインより出版されている、週刊ファミ通の姉妹誌である。
任天堂系ハード(主にニンテンドーDS、Wii、ゲームキューブ、ゲームボーイアドバンス)の記事を扱う。新ハードが発売するのに伴って誌名も変化している。

経緯


創刊~ファミ通64+時代~

1999年、ファミ通64+(ロクヨンプラス)の雑誌名で創刊。編集長は、現在週刊ファミ通編集長のバカタール加藤(加藤克明)。

~ファミ通64+アドバンス時代~

2001年5月号よりゲームボーイアドバンス発売に合わせてファミ通64+アドバンスに誌名を変更。

黄金期~ファミ通キューブ+アドバンス時代~

2001年9月のゲームキューブ発売に伴い10月号で早くもファミ通キューブ+アドバンスに誌名変更。
2002年12月号では諸般の事情により発売中止となっていた「大乱闘スマッシュブラザーズDX」のサウンドトラックが本誌付録に。
編集長は水間勇一(愛称「水ピン」水間勇一の水と一〔ピン〕から?)になる。

変革とその代償~ファミ通DS+キューブ&アドバンス時代~

DS発売から数ヵ月後経ったことに伴い、2006年5月号より誌名をファミ通DS+キューブ&アドバンスに変更。この時期前後から表紙や内容の傾向がいっそう低年齢向けになり、それに着いて行けず購読を辞めた者や、他の雑誌に移った者もいた。
それも関係していると思われるが、多数の常連投稿者が周囲の環境の変化や、進学や就職等をきっかけに投稿及び購読を辞めていった。

退行か、更なる革新か~ファミ通DS+Wii時代~

Wiiの発売時期が近づいてきた事に伴い、2006年12月号で早くも誌名をファミ通DS+Wiiに変更した。
2006年10月までは、本誌はデンゲキニンテンドーDSと共に、低年齢層向けの任天堂誌として見られてきた。
しかし、デンゲキニンテンドーDSを出版しているメディアワークスは、2006年10月から新たに、大人でも楽しめるDENGEKI DS Style(現・電撃DS&Wii)を発刊。
また、毎日コミュニケーションズが発刊しているニンテンドードリームは、依然として全年齢向けの内容であるため、結果として、本誌の出版元であるエンターブレインは、
任天堂専門誌では3社の中で唯一、低年齢層向け雑誌のみ発刊している格好となっている。
近年は値段が上昇の一途を辿っている。

創刊100号
2007年8月21日発売の10月号で創刊100号を達成した。
創刊10周年
2009年4月21日発売の6月号で創刊10周年を達成した。
1年間に渡って記念キャンペーンを開始する予定。

編集者

  • 水ピン(本名:水間 勇一)
    この雑誌の現在の編集長。メガネが特徴。
    コスプレが趣味・・・らしい。キメ台詞は「水ピース!!」
  • デビル藤原(本名:藤原 教弘)
    副編集長の一人。はみだしおたより担当。怪談とサッカー好き。
  • ツっつん(本名:堤 俊浩)
    副編集長の一人。創刊時から編集部に在籍。大食い。
  • プロアクション藤谷(本名:藤谷 壮吉)
    デスクの人。アイドルマスター等、美少女キャラクター好き。ゲームの周辺機器に詳しい。
  • 村田コレクション(本名:村田 順一)
    表紙のデザインなどを担当している。創刊時から編集部に在籍。うさぎや猫など小動物が好き。
  • 坂本ウ(本名:坂本 達哉)
    編集部でおそらくもっともファンが多い二枚目編集者。 
    レトロゲームマニアで古いゲームの食いつきがいい。
  • SIN荒沢(本名:荒沢 伸二)
    名前からしてイケメンだと思われるが、実際はメガネをかけた、キモイタダのおっさん。
    SINだけど、種割れはしない。株とか大人のニュースについて詳しい。
  • 山口ひなな(本名:山口 奈々)
    編集部のアイドル(3代目)
  • コダマックス(本名:児玉 大輔)
  • DJ宮本(本名:宮本 大輔)
    ファミディーの迷物ニィニィの生みの親との噂も
  • カレー犬童(本名:犬童 範亮)
    「犬童」は「いんどう」と読む。

過去に在籍していた編集者

  • 田原誠司
    初代編集長
  • バカタール加藤(本名:加藤 克明)
    2代目編集長
  • 100万円!益田クイズ(本名:益田 健一)
    名前の通りクイズ好き。
  • ワタナベリィ渡辺(本名:渡邉 忍)
    ポケモン関係の記事を担当している。創刊時から編集部に在籍。グルメ。
    2009年9月号より週間ファミ通編集部に異動。
  • 上ポン(本名:上野 剛)
    2009年9月号で卒業。
  • 橋口みほほ(本名失念)
    編集部2代目アイドル。いつの間にか居なくなってた。
  • こばしら33号(本名失念)
    スカトロマニア

読者コーナー

現在連載中のコーナー

  • 今月の知っ得ニュース
  • 3視点でわかるオススメゲーム クロスアイ
   ファミ通DS+wii特捜隊と。ファミ通の代名詞であるクロスレビューを組み合わせたコーナー。
   しかしクロスレビューは大幅にカットされており、言ってしまえば、クロスレビューやるのが面倒な編集部の出したとんでもない苦肉の策。
   クロレビが無いファミ通など、スタンドの無いジョジョ同然である。
   2009年10月号から、このコーナーでゲームの感想等のお便りが紹介されると図書カードがもらえるようになった。
    デビル藤原がパーソナリティを務めるご長寿コーナー。
    読者から送られてきたお便りにデビル藤原が淡々と答えていく、まともなおたよりコーナー。
    ページの隅でひっそりかつ堂々とやっている。

ファミ2コミック

ファミ2コミックの項を参照

ライバル雑誌

(加筆修正お願いします)
(Wikipediaから転載&一部書き換え。)