※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

議事大乱闘41村 マゾカオⅤ-奴の心にヘキサゴン-

[40回目/ランダム希望で村人/奏者 セシル/8日間を生き延びた/勝利]


前々から気になっていたマゾカオ村に参加してきました。

編成は
村側:村人5+共占霊狩+扇動者(死んだ次の日に2つの投票ができる)+人犬(襲撃された次の日に無残な姿に)
狼側:魔術師(占うと役職がわかる狂人)、智狼、首無し騎士(共食いできる狼)
第三陣営:笛吹き(一度に2人布教できる教祖。ハムと同性能)
第四陣営:キューピー
第五陣営:一匹狼
+光の輪(光の輪を持ってる日は襲撃されてもしなない)

今回は恋人入りだったのですが、恋人疑惑があんなにうざいものだとは…。
恋人を吊って後追いさせない限り、非恋人が証明できないのがつらいところです。

展開としては真が初日一匹狼に占いあてて初回吊りになったことで、想定より減っていく人数が少なくなったこと。また光の輪が人間にまわったことで、占い無しで白確定がふやせたこともあり、結局6手全部人外吊りでエピ。

なのにエピ最終日に「ヨアヒムが笛吹きなら、村人決め打たせられなかった自分の責任だ…」と苦悩してました。いや確かに判定からはヨアヒム真っぽかったんですけどね。
自分視点ではヨアヒム→リンダで100%村勝利だったから、リンダ吊りに不安になっていました。

それにしてもヴェスの「みんなの責任だから」に「そういう問題じゃない」って返すのはちょっと頑なだったかなーと今更ながら思うのでした。