※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


六月前半


六月前半のことはじめ。

  アンダーラウンド…


六月十日のまかない。

  • ようやくこうしんするも…
  せいしんてきにぐだぐだ。

  • びょうきのこと
  体調と精神疲労と梅雨空は連動する…
  心的外傷が氷河の裂け目の如く深き物ぞ、
  本当にダウナーが入ったら今度は耐えられる自信が無い…
  まして、酒に溺れるならば立ち上がれない気がする。
  何処其の宗教屋の抜かす輝ける未来なぞ信じないが、
  シンデレラの様な陳腐なハッピーエンドは物足りないし、
  マクベスの様な悲劇でも詰らない。
  吾心のタービン止る迄進むが運命、我が屍拾う物無。

  • ほんのこと
  人生未だ諦めちゃいねぇ。
  だが、数字と専門家は嘘も付く。
  そんな本をよんだのだ。
  "オスカー・ワイルド"曰く「真面目が肝心」だそうだ。

  • そのたのこと。
  ・喫茶部。
   →徐々に右上がりへ。    

  ・ぼやき。
   →諦めという悟りの境地へ。

    ◎小説について。
     →ネタは上がったが器量と気力切れ。