PHANTOM30 15 ~拳が重傷でリタイアした~




203 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 投稿日:2014/07/25(金) 17:59:38.44 ID:TJOGDBwjO
逝ったか

205 名前:1 ◆trB/oNqUGM 投稿日:2014/08/04(月) 21:25:37.86 ID:tTaEMAxL0
 >>203 逝くかーい

206 名前:1 ◆trB/oNqUGM 投稿日:2014/08/04(月) 21:26:54.00 ID:tTaEMAxL0
緊急避難所なくなったかあ 
管理人さんも未だに見ててくれたのねありがとうございます

209 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 投稿日:2014/08/06(水) 07:47:15.93 ID:/pnpw25DO
毎日暑いし熱帯夜だけど
Kちゃんは暑い国にいるのかな

210 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(北海道) 投稿日:2014/08/06(水) 09:06:24.66 ID:LyEAvSvVo
 >>206
おい なんか書いてけ

211 名前:1 ◆trB/oNqUGM 投稿日:2014/08/09(土) 16:09:46.15 ID:EZFT5Oqj0
あ すんません

 >>209 日本おるです

こないだ国内で行動した

建物内

K「花火上がってるww」

ボーカル(通)「上がってるうちに処理してね」

K「なんでよ いそぐんか」

ボーカル「んや なんか絵になりそうじゃん。映像見てて楽しいから。」

K「あそうww」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

じじじ ガチン ガチン

K「ふ~い。」

K「おい。おい。」 けりけり

X1「・・・・・・。」

けりけり X2「・・・・・。」

K「ちっ」

ボーカル「なにしてんのww」

K「いや 待ってる間暇やなっておもって まだ花火あがってるし」

ボーカル「拘束された人と花火見て楽しいの」

K「いやまあ んで映像どうでした。」

ボーカル「動きすぎ。 よくわかんない。」

K「どーせーちゅうねんww」


212 名前:1 ◆trB/oNqUGM 投稿日:2014/08/09(土) 16:31:36.81 ID:EZFT5Oqj0
拳が重傷でリタイアした 右手の手首から先が爆発でふっとんで顔と肩と腕に酷い火傷

K「男前がもったいない まあ命あっただけよかったな。」

拳「まあ・・・。」

K「もう結構マシになってきたか?一昨日地獄だったやろ。俺来てたん覚えてるか?」

拳「ああ一応分かってたよ。すみません。」

K「んで お前どうしよーと思ってんの。」

拳「あぁ~・・・・大丈夫だよ もうこれまでって思ってる。」

K「そうかぃ。」

拳「Kさんごめん。」

K「何のごめんなん。」

拳「色々・・・・まあ一番は度々嫌な役させてごめん。」

K「よー言うわ素直に言う事聞いたんなんか一回もなかったやろ。」

拳「そんぐらいじゃないとやってられなかったんだよ。すんませんでした。」

K「とりあえず何年も全力だったんやからしばらくゆっくりせーよ。」

拳「て言われても・・・・。」 

K「落ち着かんのか。」

拳「うん。」 

K「いや

拳「悔しいなあ。」

K「まあそれやろな。」

拳「こんなんで終わりかって思うとどーにもなんねえ。」

K「まあそんなもんや。お前やってなんぼか人の命奪ったやろ。

  そいつの20年30年一瞬であっけなく終わらすわけや。自分だってそうなるわ。」

拳「うん・・・・で結局なに言いにきたんだよ。こんな辛気くせぇのといるの好きじゃねえだろ。」

K「うん。 良く頑張ったなと。」

拳「・・・・・・・。」

213 名前:1 ◆trB/oNqUGM 投稿日:2014/08/09(土) 16:43:40.36 ID:EZFT5Oqj0
どうりょう(電話)「はい。」

K「おうひさしぶりー。」

どうりょう「えっ ん!?Kちゃん!?」

K「おお あたり。ひさしぶりー。」

どうりょう「ひさしぶり・・・どうしたの!?」

K「拳がよー大怪我してもうて」

どうりょう「えっ 大丈夫なの!?」

K「いや命はある。けどもう無理や右手なくなってもーた。」

どうりょう「あーもーいきなりすぎ!!」

K「すんません。ほんでまあ ホンマはもちろんあかんのやけどよかったら行ってやってくれんかな。」

どうりょう「えっいいの!?行く行く。病院?」

K「住所送るわ。」

どうりょう「うん。ありがと。」

K「ほんじゃな。」

どうりょう「いやいやいやちょっと待ってよ!時間ないの?」

K「いやないこっちゃないけどそんなにもない。」

どうりょう「じゃちょっとでいい。Kちゃん今もやってるんでしょ。」

K「ばりばりっすよ。」

どうりょう「Kちゃんホントに気をつけてね。死んじゃやだよ。」

K「死んでもお前が知ることはないわ。」

どうりょう「またそう言う事言う。」

K「わかった。気ーつけるわ死なんわ。」

どうりょう「棒読みすぎ。」

K「ぼくは死にましぇーん」

どうりょう「ふざけすぎ。」

K「わははww んじゃきるぞ。」

どうりょう「え~~!ww」

ツー ツー

223 名前:1 ◆trB/oNqUGM 投稿日:2014/08/12(火) 09:50:33.95 ID:w0KHb6FB0
ときめき「あっ」 すいすい

K「おいっす なにその近未来車椅子みたいなんww」

ときめき「これすげえ調子いいんすよww」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

K「拳がリタイアしたわ。」

ときめき「えっ どういう感じでですか?」

K「怪我よ。 こっから先なくなってもーた。」

ときめき「あいつならまだやれるとか言いそうですけどww」

K「俺もそう思ったんやけど意外と分かってたわ。」

ときめき「あいつ抜けたら結構厳しいんじゃないですか?」

K「んー今のとっぷのおっさんなら大丈夫じゃないの。低い水準で安定させるんじゃないかなww」

ときめき「よかった 全部Kちゃんに回ってくるわけじゃないんすねww」

K「別に回ってきてもいいよ大体断るから。 お前仕事どーなん?」

ときめき「とりあえず来年の始めから行くって話になってるから色々勉強中ですね。」

K「努力家やねえ。」

ときめき「そりゃまあ足がこれだと迷惑かけそうですからできる事しとかないと。」

K「ほーかー。」

ときめき「なんか疲れてます?」

K「そーかな。」

ときめき「いや なんとなくなんですけど。」

K「まあ疲れてるかなあ。 なんかみーんなおらんくなるなあと思ってよー。

  お前とか拳とか見てんの結構おもろかったんやで。ネタになるし。」

ときめき「ネタってなんすかww」

K「日記のネタ。」

ときめき「日記つけてるんですか!?ww」

K「たまーーーにね。」

224 名前:1 ◆trB/oNqUGM 投稿日:2014/08/12(火) 10:16:44.29 ID:w0KHb6FB0
ときめき「でもKちゃん一番心強い人残ってるじゃないですか。」

K「誰よ。 D?」

ときめき「いやあの人とKちゃんが今どういう絡みあんのか知らないですよwwほらボーカルさん。」

K「・・・・ああ そういやそうだった。」

ときめき「今だから聞きますけどあの人とKちゃんどういう関係なんですかホントのとこ。」

K「さあ 今更そんなん聞かれてもよーわからんな。なに クッスセしてるかどうかってこと?」

ときめき「いやそこは・・ww いや すみません そこで。」

K「ないない31のおばはんやで。」

ときめき「いやわっかい時から一緒じゃないですかwwしかもあの人年あんま関係ないでしょ。」

K「あれなんなんやろな 20半ばからピタァッーとまってる

  俺は多分バイオテクノロジー的な何かを駆使してると思ってるわ割とマジで。」

ときめき「コメントしずれえなあww」

K「お前もあんま老けんよな42だったっけ。」

ときめき「35。」

K「あはい。 皆年くってもーたなあ。」

ときめき「Kちゃんいつまでやるつもりなんですか?」

K「そら死ぬまでじゃないの。」

ときめき「んじゃ全然先ですね。」

K「そーやとしても目標とか終わりがあるわけじゃないしなあ。大魔王とか悪の大ボス的なもんでもおったら

  なんぼほどええか。」

ときめき「Kちゃんの場合強敵探しとかないんすか。」

K「もうそんなんもないかな。 今はなーときめきよ。なんかしらんけど滅茶苦茶死ぬんが怖いわ。」

ときめき「ホントどーしたんですかマジで。ていうかなんでその話すんのが俺なんすか!ww」

K「嫌がらせやんか。」

228 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(北海道) 投稿日:2014/08/12(火) 16:46:32.15 ID:BuKtznmso
抱いてないわけがないだろう

拳以降有能な新人いないの?

232 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(SSL) 投稿日:2014/08/13(水) 15:06:03.55 ID:HSpiVxGO0
拳は爆発物の処理でも失敗したのか?
それか手榴弾でふっとんだとか?
手吹っ飛ぶなら破片で頭とかもっとやばいことになりそうだからないか

234 名前:1 ◆trB/oNqUGM 投稿日:2014/08/14(木) 06:44:19.48 ID:Nje6OSfa0
 >>228
強いのならおる マタギとかはるさめとか
でもときめきの代わりはりきがやってるけどもうきつい年やし

拳のやってた事を代われるやつはあんまここで登場した事ないけど本局のゆっこどんくらい
そのゆっこどんも今近年の拳と比べるときついかも

ただ飛び抜けたんはおらんけど平均的には安定してるし
今のとっぷはそれ以上望まんみたいなスタンスやろしええかも

 >>232
室内で爆発が起きたんやけど拳は外側の窓際におったのよ
多分やけど右手でかばったから他は助かったってより
体は逸らしたのに反射的に出した右手だけもってかれたって感じやと思う

236 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(新潟・東北) 投稿日:2014/08/17(日) 18:17:16.11 ID:ry/IpyqAO
ゲロからここに来た身としては心が痛む

拳は今後どうするんかな?

237 名前:1 ◆trB/oNqUGM 投稿日:2014/08/18(月) 16:36:40.05 ID:FbWWazwj0
 >>236

K「お前なんかやろうと思ってんの?落ち着いたら」

拳「今考えてる。」

K「局の世話にはなりたくないおもてんの。 結構色々用意してくれると思うで。」

拳「いや・・・・なんかな。」

K「特に決めてないんならOPやれ。」

拳「やれって言われてできるもんでもねえだろ。」

K「ボーカル付きのOPやからすぐ覚えるわ。」

拳「ボーカルさんの補佐ってこと?」

K「まあそうかな。補佐っつっても頭使うだけじゃないで。」

拳「雑用?ww」

K「いや ボーカルにつくってことは俺付きになるってことよ。そうなるとそいつが弱みにもなりやすいやん。

  お前だったら手一本なくなったくらいなら自分の身と女一人くらい守れるやろ。」

拳「あぁ~・・・・。」

K「ボーカルは迂闊な事は一切せえへんけどそれ故に行動が制限されたりすんのよ。

  お前がボーカルとほとんどの行動共にすりゃあ結構動きやすくなるやろ。」

拳「それ考えると今までそういう人付けてなかったのが不思議だな。」

K「ボーカルが嫌がんのよ。でもあいつも一人じゃそろそろ限界やろしお前だったらボーカルも了承するやろ。」

拳「同情も込みでな。」

K「そういうこっちゃ。どうする?」

拳「やる。」

K「即答かww」

拳「こんな状態でも覚えとける事ってあるかな。」

K「山ほどあるから明日にでもボーカルに来させるわ。」

拳「わかった。 ありがとうKさん。なんかこう やる気出てきた。」

K「そうか。」

拳「ホントだっつうの。」

K「なんも言うてへんがな。」

238 名前:1 ◆trB/oNqUGM 投稿日:2014/08/18(月) 17:00:02.85 ID:FbWWazwj0
きょく

K「どうだった?」

ボーカル「色々引っかかる事もあるだろうけどいつまでもうじうじしてる子でもないしね。もう頭切り替えてた。と思う。」

K「ほーか。」

ボーカル「前から考えてたの?」

K「あいつがトチって死んでなかったらとは考えてたけど 予想よりずっといい状態やわ。」

ボーカル「まあ 手だけだもんね。」

K「あいつ俺よりよっぽど頭も回るしな。根性は人8倍くらいあるし結構助かると思うで。鬱陶しい?」

ボーカル「ううん。 かなり助かる。 し 全員ハッピーの英断だと思うよ。」

K「むかつくわこいつ・・・ww」

ボーカル「正直雑用くんができるだけでも結構助かるしねー。」

K「こき使ってやったらええねん。」

ボーカル「つまみ食いは?」

K「どうぞどうぞ。」

ボーカル「Kちゃんよりお堅そうだけど。」

K「世話してあげてるんだから性処理くらい付き合いなさい それも仕事よ!ってゆうたら断らんと思う。アホやから。」

ボーカル「やだよそんなのww」