PHANTOM(仮) ~「拳の挑戦」Ⅲ~




510 名前:1 ◆trB/oNqUGM 投稿日:2009/01/17(土) 04:31:38.88 ID:xyyqXH20
拳の挑戦 続き

某所

拳「なんかすげえな・・・。」

K「緊張しましたか。」

拳「いや なんか偉い人なんだろーなーとww こんなとこいんだしさ。」

K「偉い人やねえ。」

拳「なんか今までとは雰囲気違うな・・・。今緊張してきた。」

K「ボーカルのせいちゃう?ww」

拳「・・・あるなww」

K「あいつどんなんなんww」

拳「何が?」

K「いやお前とボーカルのやり取りはちょっと気になるwwww」

拳「やり取り・・・? マジだな。」

K「マジなんww」

拳「なんかふにゃふにゃした人だけどすげーんだよなーみたいに思ってたんだけど

   ああやっぱなあ・・・って感じだったっつうか」

K「あぁ豹変したん?ww」

拳「んんまぁ・・うんww」

511 名前:1 ◆trB/oNqUGM 投稿日:2009/01/17(土) 04:57:02.69 ID:NWqPP2E0
拳「これがやばいんだったよな。」

K「そーやな。今回こっちに来てないかも知らんけど。」

拳「ボーカルさんはほぼ間違いないって言ってた。」

K「じゃあ  間違いないな。」

K「こういうとこには2,3人厄介なんがおるもんなんよ。」

拳「で 分かってんのがこいつだけって事?」

K「ちゃうな 多分今回はこいつだけやろ。」

拳「わかんのかよ。」

K「分かるねぇ。」

拳「元々国の機関いた奴がなんでこんなんなってんのかな・・。なんか失敗でもして とか?」

K「ボーカルに聞いたらええん。 俺よりわかりやすう教えてくれるわ。」

拳「いや なんか余計な話とかできねぇんだよ・・ww 怒られそうで。」

K「まあ後でしなさいって言われるわなあww んで後になったらプいってどっかいくんやろ?」

拳「そーなんだ・・・ww」

K「今度聞いたらええん。 大事なとこやってる時に話の腰折って。」

拳「できませんww」

K「そんでギロッて後にしなさいって言われたら

   それがあんたの思いやりかよ的な事ゆうたらええんちゃう。」

拳「うるせぇww」 

512 名前:1 ◆trB/oNqUGM 投稿日:2009/01/17(土) 05:11:02.29 ID:xyyqXH20
K「OKですか。」

ボーカル「まあなんとかなりそうかな。」

K「おっ。」

ボーカル「こっちはね、あっちは結局自分次第だよこんなの。」

K「そりゃそうやけどねー。」

ボーカル「まー心配しなくていいよ。 Kちゃんの方がずっと大変なんだし。」

K「お前ってさあ。」

ボーカル「何かい?」

K「・・・・・・・。」

ボーカル「何?ww」

ピン

ボーカル「いたっ!! 何!!」

K「なんて言いたかったか忘れた。」

ドゴッ

K「あうぅっ!!ww」