305 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2008/02/05(火) 01:12:37.26 ID:Lx2uXWc0
ぴるるるるる

K「はいー。」

てんちょう「あの・・ あ お疲れ様です。今いけますか?」

K「いけるよー。」

てんちょう「あの言いにくいんですけど・・・1月今までで最低の赤字だったんです・・。」

K「マジで。 なんで昨日俺行った時言わへんのww」

てんちょう「すいません・・・。 金作ろうと思ったんですけど・・。」

K「やーから なんで赤字をお前のポケットマネーでなんとかしようとすんねん。」

てんちょう「いや・・・。」

K「赤字いくら?」

てんちょう「17万くらいです・・。」

K「んじゃ金庫から足らん分とっとけよ。12月の分まだいくらか残っとるやろ。」

てんちょう「いやこれKちゃんにいく金で・・自分もボーナスまで貰ってすぐこんなのは・・」

K「アホか 元々店で稼ごうと思ってへんわ。 あ でも前みたいな売上げぱくられた

  とかは気ーつけろよ。」

てんちょう「はい。 すいません・・・・。」

306 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2008/02/05(火) 01:21:09.72 ID:Lx2uXWc0
K「金庫にいくら残ってる?」

てんちょう「まだ3 40はありますね。」

K「ほーかー。 ん~ どーしよっかな。」

てんちょう「取りに来ます?」

K「なんか買うもんある~?」

てんちょう「いや この前スピーカー2発いれたし・・・。特には。」

K「んー じゃあHとPAにもボーナスやるか。 遅いけど。」

てんちょう「いいんですかww」

K「あいつら社員みたいなもんやしなあ。」

てんちょう「いやKちゃん大丈夫なんですか?」

K「あ そーか 俺今結構金余ってんのよ。」

てんちょう「でもまあ なんかあった時の為に置いときましょうよ。」

K「んー まあ好きにしてよ。 任せるわ。」

てんちょう「適当だなあww」