第16部 ~3人で~



926 1 ◆3GcCm7z.d2 06/12/04 23:06:47 ID:P5Om8Jyf
第16部

K「お これ 面白そうやな デリヘルを~・・・・??? ふむふむ」

S「いや 頼むから もうちょっと 大きい仕事 請けてよ~・・・・。」

K「ん? んー。 どーする? しんじん」

しんじん「いや 俺は Kちゃんの 決めた仕事 一生懸命 やるだけですから」

K「それは 嬉しいけどな。 もうちょっと 主体性 持っても ええのんちゃうか?

  俺 マイペースやから 俺と組んでる限り 伸び悩むぞ。」

M「しんじんさん Kちゃん と 組んでるだけで チヤホヤ されてるから

  縮こまっちゃうんですよ。 だから Kちゃん 遠慮してって 言ったのに~」

K「それは 悪かったな。 よっしゃ じゃあ しんじん お前決めろ 次の仕事」

しんじん「え はい!」 


928 1 ◆3GcCm7z.d2 06/12/04 23:14:19 ID:P5Om8Jyf
K「ん~。 でも 俺が ポイポイ 片付けるせいで OP の M も 

  基本がおろそか に なってるよなぁ」

M「なってないですよ~」

K「いや お前 前に きらめき と 組んでたやん。「正直 やりにくかったっす」 って

  ゆうてたで。」

M「マジで・・・・。 ショックだぜ・・・。」

K「ここらで 3人で 3・人・で~~~!!  でかい仕事 成功させようか」

M「うわ 楽しみ~w」


しんじん「決めました!! これ!!」 ばっ

K「・・・・・・。  ショボすぎる。 決めなおせ」

しんじん「き 決めさせてくれるって言ったじゃないか・・・・。」


930 1 ◆3GcCm7z.d2 06/12/04 23:21:13 ID:P5Om8Jyf
K「・・・・。 思い切ったな。 無理やと思ったら 俺が 指示する前に 逃げろよ」

しんじん「え これ そんなに やばいんですか」

K「まあな。 数 こなせば 資料 と データ だけで どんな仕事か わかるよーになるわ」

しんじん「うお 緊張 してきました」

K「俺は 守ってやれんぞ。 死ぬ時は 覚悟決めろ。」

しんじん「あ・・・・ はい。」

M「そんなこと 言いつつも~~~www

K「黙れ うんこ」

うんこ「うんこじゃないもの!!」


935 1 ◆3GcCm7z.d2 06/12/04 23:33:24 ID:P5Om8Jyf
K「お前が 仕切れ」

しんじん「あ はい!! Mさん 入りました」

M「はいよぉ。 えーと・・・ じゃあ えっと・・・。」

ぴ K「分かってる人物と 所持武装の 報告 と おさらい!」

M「あ そうだ えっと 日本人は いなくて~・・・ えーっと」

K「もうええ こっちでやる。 向こうの 行動時間予測は?」

M「え あ ちょっと待って くださいね・・・・。」

K「はあ・・・・・。 もうええ。 次からは 調査の時の資料 よく見て

  行動日前に まとめとけ。 これも OP の 仕事や。 講習で 習ったやろ。」

M「すいません・・・・・。」 


940 1 ◆3GcCm7z.d2 06/12/04 23:40:31 ID:P5Om8Jyf
しんじん「え~と・・・・。それじゃあ・・・。」

K「時間がないぞ。 すぐ判断して すぐ行動のパターン決めろ。」

しんじん「すいません。 じゃあ 待ちで行きます。」

K「了解。 のぼるぞ。」

~~~~~~~~~~~~~~~

しんじん「・・・・・・・。」

K「聞こえるか。 もうぼちぼち 一人出てくるぞ。」

しんじん「了解・・・・。」

K「よし じゃあ 切るぞ。 気つけろよ。」

しんじん「はい・・・・・。」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ガタガタガタ!! 

K「・・・・・・ 見つかったか・・・・。 くそ。」

ビュン タッタッ バリーーーーーーン!!


942 1 ◆3GcCm7z.d2 06/12/04 23:49:46 ID:P5Om8Jyf
X「男pgぼdsjgj沿いjヴぉいいおvもsヴぉヴぉも!!!」

パララララララララ

K「(ウージーか・・・・。 こりゃ厄介や。 しんじん 逃げたか?)」

K「ほっ」 ガタン!! ガタン!! ガダダダダダダダ!!

X「!!!????」

K「(よし)」 シュタタタタタタ K「よっ」 ひゅん

X「こkふぃお;お!!!」 ガスッ

K「もらうぞ」 カシャ パラララララララ

X2345「びえげgmびえmp、お!!!」 あたふた

K「ふははw あわててるあわててるw」 


944 1 ◆3GcCm7z.d2 06/12/04 23:56:09 ID:P5Om8Jyf
カシャン ジジジジ ガチン ガチン

K「ふっー。 これで 全員かな」

ぴぴ K「聞こえるか しんじん 大丈夫か?」

M「応答 ないです・・・・」

K「くそっ。 中 探すわ。 お前は 引取りの連絡。」

M「はい。」

バタン がさがさ K「しんじん!! 大丈夫か」 バタン がさがさ K「しんじん!!」

K「ん~・・。 え~と ・・・・。」 ピ ピ 

K「端末は 壊れてないみたいやな」 タタタタ

X6「!!!!!」 ビュン!! ガスッ

K「ごあっ!!」 


947 1 ◆3GcCm7z.d2 06/12/05 00:03:20 ID:aitdOR/E
K「(くそ・・・・・!! もう一人 隠れてたか・・・・!! ストマッチャチェww)」

X6「ガああああああ!!」 ビュン ビュン

K「しゃあっ!!」 ガシッ グイッ ビシッ!! なんか鉄の棒 を はたきおとした

X6「gこいdj!!」 ブンッ スカッ 

K「・・・・・ちょい!!」 シュン X6「!!!!!」 スカッ

K「(おお よけやがったww)」 タタッ  距離を取る

X6「スー・・・・・。 フー・・・・・・。」 スッ

K「(この構え・・・・・。) うははwなんかええなw この雰囲気w」 スッ 


951 1 ◆3GcCm7z.d2 06/12/05 00:17:24 ID:aitdOR/E
K「「お前 英語 できるか?」」

X6「「・・・・・。 お前・・・・何?」」

K「「エージェント らしいよww 多分ww」」

X6「「www」」 くるっ ダダダダダ

K「(おい そこで逃げるか!!?ww)」 タタタタタ ガシッ 後ろ襟つかみ

X6「!!!」 ブン スカッ 

K「ほいっ」 トンッ ガク グイッ ゴキッ

X6「「あああああ!! ちくしょう!!」」 ガバッ ダダダダダ

K「(うおお すごいタックル) うお うお うおおっ」 ダダッ ぴょん ぴょん

K「(わははw バランス 崩したなw)」 X6「「オウッ」」 ズルッ ステン 

K「「惜しかったな」」 ゴチン!!








952 1 ◆3GcCm7z.d2 06/12/05 00:25:22 ID:aitdOR/E
K「(え~と 端末の 反応は・・・・ ここか)」 バタン

K「お~い。」 がさがさ K「この中か?」 ガチャ

しんじん「・・・・・・!!!」 ガタガタ

K「(よかった 無事だったか)・・・・・鼻血 でてるぞ」

しんじん「!!!!」 ガバッ だきつかれた  K「!?」

ブルブル しんじん「怖え!! 怖え!!」 ブルブル

K「・・・・・・・・・・・ わははははははははは!!!wwwwww」

しんじん「怖え・・・・・・・!!」 ブルブル

K「わ~~~っははははははは!! ひぃ~~~~ひっひっひっひ・・・・!!www」

ポカ K「アホかお前wwww 離せwwww 終わったぞwwww」


956 1 ◆3GcCm7z.d2 06/12/05 00:29:42 ID:aitdOR/E
K「ただいま」

しんじん「戻りました」

M「あ お疲れ様です!! よかった・・・・。」

K「wwww」 タタタ だきつきっ

M「え? え? どうしたんですか?」 あたふた

K「怖え!! 怖え!!」

M「え~? 何?」

しんじん「もう やめてくださいよ~~~!!ww」

K「わははははは!!!www」

M「?????」


959 1 ◆3GcCm7z.d2 06/12/05 00:33:38 ID:aitdOR/E
K「いや~ みっともなかったwwww」

しんじん「いや あんなの 聞いてないですよ!! 普通 びびりますって!!」

M「えw えw なにあったんですか?? 聞きたい聞きたいwww」

K「いや こいつがさぁ・・・・

しんじん「あーーーーーーもう!! やめてくださいって!!!」

K「わははははははwwwww ・・・・・・ふう。 よし 反省会。」

M「え あ はい!!」

しんじん「wwww はい。」


962 1 ◆3GcCm7z.d2 06/12/05 00:40:05 ID:aitdOR/E
K「まず M な。 全然ダメ。 0点。 状況判断 も 用意も 全くダメ。

  でも 俺が 今まで 全部 自分でやってたのも 原因やわ。 わるかった。」

M「がんばります・・・・。」

K「基本のおさらいは ボーカルか OPよしおくん にでも 聞いとけ」

M「はい」

K「しんじん は・・・・ まあ あの状況で よく 隠れるまでいけたな。 頑張った。

  予定外の事とかには もっと 順応できるように なろうな。 経験あるのみ。

  あと おもろかったww。」

しんじん「もう いいですからww」

K「今日の 仕事は ちょっと ややこしいし 危険すぎたな。 俺も 急ぎすぎたわ。 ごめん。」


964 1 ◆3GcCm7z.d2 06/12/05 00:45:44 ID:aitdOR/E
ぱくぱく ぱくぱく

K「あ ほい M これ。 しんじん はい。」

M「え こんなに!!?」

しんじん「厚いwwww」

K「今日の仕事なら こんなもんや。 額が 違うやろ」

M「Kちゃん!! 月曜 あたし 買い物行きたい!! 買い物!!」

しんじん「うおお・・・ 何に 使おうかな」

K「いつでも こんくらいの 仕事 こなせるように 頑張ろうな。 特にM。」

M「いや 月曜 行きましょうね!!」

K「ちゃんと聞け。」 ギロリ

M「すいません・・・・・。」

第16部 おわり 


969 1 ◆3GcCm7z.d2 06/12/05 00:51:56 ID:aitdOR/E
第16部 ~3人で~ おわり

第17部 ~夢の007~ に つづく

やみのしょ を きろく しますか?

→はい
 いいえ
 人生初ドラクエ 5分で飽きる 


972 1 ◆3GcCm7z.d2 06/12/05 01:11:22 ID:aitdOR/E
おこここのモデル「あははは!! Kちゃん やっぱ おもしろいわwww」

K「いやー でも ひさしぶりやな」

おこここのモデル「で こいつ誰? 友達?」

しんじん「こいつって お前 ぶっ殺すぞ 今 なんつった コラ」

おこここ「え・・・・。」

K「しんじん 10代のころの顔になってるぞw」

しんじん「あ すいません。 でも こんなガキに こいつ呼ばわりされるの 我慢なんないんですよおい おまえ 今いくつだよ」

おこここ「はたちです・・・。」

しんじん「ガキが・・・・。 殺すぞ。」

おこここ「いや あの すんませんっした」
K「あははははw お前が悪いww」

おこここ「いや あの ゴメン・・・・・。」

しんじん「つーか なんでお前 Kちゃんにタメ口なんだよ。 知り合いかしらねーけど

     なんか ムカつくんだけど」

おこここ「あ いや すんませんっした・・・・。」


973 1 ◆3GcCm7z.d2 06/12/05 01:12:41 ID:aitdOR/E
 >>ドラクエ 9? だった PS2のやつ 画面がきれいなん


981 1 ◆3GcCm7z.d2 06/12/05 01:32:22 ID:aitdOR/E
ろとのモデル→しんじん