第14部 ~襲撃~



819 1 ◆3GcCm7z.d2 06/12/02 14:48:32 ID:O0/tJYn9
14部 襲撃

K「紅茶花伝 の さあ」

M「はい」

K「ピンク色の 缶 あったよな 白いヤツの前に」

S「知らない」

M「いや 知らないです」

しんじん「ピンク・・・・?」

K「いや ホンマに あったんやて ロイヤルじゃ なくてやー」

公のZ「あ いたいた」

K「Zさんや めずらしいですね」

Z「ちょっと いいか」

K「俺? 悪いこと してないよ」

Z「いや 真剣な 話なんだよ。 ちょっと付き合って」


820 1 ◆3GcCm7z.d2 06/12/02 14:54:30 ID:O0/tJYn9
K「どしたんですか? こっち来るとか」

Z「あのな 本警察側が よく思ってない。」

K「そりゃ 公安側に に 肩入れしてますからね でも 一応 第4にも 情報提供 してるじゃないですか」

Z「んまあ、 なんらかの手 打ってくるとも 思えんけどな」

K「そりゃ お互い 目的は 治安 な訳やから 手柄争いくらいで そうそうなことは せえへんでしょ」

Z「呑気だなw なんか 手 打ってくるとすれば 個人 に くるかもね」

K「俺か。」

Z「可能性は 高いね」  


821 1 ◆3GcCm7z.d2 06/12/02 15:03:15 ID:O0/tJYn9
半月後

K「・・・・・。」 スタスタ

K「・・・・・・・。」 スタスタ

K「(まあ 名目は 一般人の 集まりやし・・。 どうとでも できるんか・・? でもなあ・・・

   とっぷも アホじゃない やろうし・・・。 ん~・・・・。)

K「( なんやねん 監視されてんのかw? なんやあいつ)」

K「(・・・・・・。 (丸解り やっちゅうねん ど素人が)」

K「(まあ 狙撃 されたりは せんやろw なんも 仕掛けてけーへんな・・・)」

K「(・・・・。 ちょっと待て・・・・。 監視・・・・? ・・・おいおい)」

K「!!!!!」 ダダダダダダ

かんし「!!!!」

K「何人 おんのか しらんけど 俺見失わん とか できると思ってんのか ボケ」 ダダダダダ


823 1 ◆3GcCm7z.d2 06/12/02 15:09:55 ID:O0/tJYn9
K「(撒いたか・・・)」  ダダダダダ ぴょん スタン

K「(ここらへんは・・・・)」 ぴぴ とるるるるるる

K「もしもし」

R「おう どしたの」

K「悪い バイク貸して」

R「なんで!?」

K「2台 持ってたよな ボロイ方で ええから」

R「まあ いいけど・・・・。 今 どこいんの」

K「悪いな。 おまえんち すぐ行く」 


825 1 ◆3GcCm7z.d2 06/12/02 15:22:44 ID:O0/tJYn9
どぅるるるるるるるるる キィ

K「・・・・・。(よかった・・・・ 何も されてない・・・。)」

K「(今日は 人少ないはずやから 事務所 狙ってくると 思ったんやけどな)」

キョロ キョロ K「(事務所の監視も おらんな・・・)」 ジャリ

K[・・・・・・!!!!」 バッ  

X「!!!!!!」 ザクッ 

K「ぐおっ!!! ( くそ!! 避けきれへんかったか!)」

X「!!!!!!」 ブオッ

K「(縦!?)」 ゴリッ  肩に 縦に 突き刺さった

K「ぬああああ!!(なんやこいつ・・・・!! ごっつ殺す気 やんけ・・・)」


826 1 ◆3GcCm7z.d2 06/12/02 15:30:59 ID:O0/tJYn9
ダッ ゴロゴロ

X「!!!!」  タタタ

K「へあっ!!」 くるっ バシィ!!

X「くあっ!!!!」 ズダン バッ

K「(遅いわ!!)」 タタタ バクゥ!!

X「おごぉ・・・・・・!!!」 

K「(おいおい まだ立ってるぞ なんやこいつ;)!!!」 スパン

X「・・・・・・・・!!!」 ガクリ

K「は~・・・・ は~~~・・・ ふ~・・・・・ くそ・・・ いったぁ・・・・。」


828 1 ◆3GcCm7z.d2 06/12/02 15:41:24 ID:O0/tJYn9
K「(よかった・・・・ 事務所近くて・・・ すごい血 や・・・。 刺さったまんま やし・・)」

ガシャーーーーン

K「(・・・・・・。 もう 勘弁してくれ・・・・。)」

グイッ K「・・・ぬあああああああああああああ!!!」 ズボッ 抜いた

K「くぅううううああああああああ・・・・・!!」  激痛

K「(くそ・・・ 応急処置も でけへん・・・・! 押さえる位か・・・。やばいフラフラしてきた・・・・)」

K「(あああああ くそ!!)」 ダダダダダダダダ

バタン!! ダダダダダ バタン!! ダダダダダダ

「キャーーーーーーーー!!! ワーーーーーーーー!!」

K「(叫び声・・・・・!!? くそ 行動 だれも おらんのか!?)」 ダダダダダ


829 1 ◆3GcCm7z.d2 06/12/02 15:47:41 ID:O0/tJYn9
ダダダダダダダ K「(銃声 は・・・・ せえへんな・・・ じゃあ目的は データか!?)」

ガクッ ズデン!!           こけた

K「(やばい・・・・・。 これはやばい・・・・ 力が はいらへん・・・)」

ドガァ!! ガシャン!! 「きゃーーーーーーー!!」

K「・・・・・・・あ~あ・・・」 ぐぐぐぐぐぐ・・・・ ダダダダダダ

バタン!!

K「おらぁ!! なにしとんねん!!」

X2345「!!!!!!」


830 1 ◆3GcCm7z.d2 06/12/02 16:00:24 ID:O0/tJYn9
X2345「!!!!!」 ダダダダダ 

K「(怪我人相手に 逃げるか!?w あいつは 届くな・・・・!!)」

ダダダダダダ グイッ

X2「!!!!!!!!」  

頭掴む→すりガラスに叩きつける→そのまま外に落とす→まさに外道

X45「ああっ!!!!」 X3「構うな!!!」 ダダダダダ

K「(もう・・・追いかけられへん・・・・ )」 

事務所は めちゃくちゃ

OP「Kちゃん・・・・・・。」

K「またいつ来るかわからへんぞ!! 無事な奴は全員応援呼べ!!」


831 1 ◆3GcCm7z.d2 06/12/02 16:11:53 ID:O0/tJYn9
フラッ K「・・・・くそ・・・・・!! ここまでやるか・・・」

ガシャ ガシャ

ボーカル「Kちゃん は いいですから!! 休んでてください!! 医療 もう来ますから!!」

K「(無事やったんか・・・・ よかった・・・。) ちょっと待て・・・。」

ガシャ ガシャ がさ がさ

K「・・・・・データは・・・・?」

ボーカル「え?」

K「データ 持って行かれんかったか?」

ボーカル「え 大丈夫だと・・・・思います」

K「(失敗したんか・・・・ 牽制だったんか・・・・ 全員殺す気 だったんか・・・・。

   じゃあ なんで 銃器 つかわへんかった・・・・?  わからへん・・・・・。

   警察も とっぷも どう 始末つけるつもりやねん・・・・。 

   場合によっては 国レベルで 狂うぞ・・・?)」




832 1 ◆3GcCm7z.d2 06/12/02 16:18:22 ID:O0/tJYn9
医療「この 出血量で・・・・・ よく・・・ もう・・・」

K「泣くなや ジジイ  ・・・・・・何人 死んだ?」

M「Kちゃん・・・・・・ うぅ~~~ ぐす・・・・・ 痛そう・・・」 

K「おお・・・・ 大丈夫だったか・・・。 その顔・・・ 殴られたんか・・・」

M「あ なんか 固い物で・・・・。 あ たしは 大っ丈夫・・・・ですよ・・ だ ああ・・・ぐす・・・」

K「くそボケが・・・・・・。」



K「ああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!」

第14部 おわり


833 1 ◆3GcCm7z.d2 06/12/02 16:23:40 ID:O0/tJYn9
第14部 ~襲撃~ おわり

第15部 ~裏側~ に つづく

やみのしょ を きろく しますか?

→はい
 いいえ
 チートキャラD は どこにいたの?