807 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2007/07/16(月) 18:32:43.56 ID:/DLFets0
K「ほいよ。」 とくとくとく

ししょ「おう。」

おばちゃん「前ゆうてた息子さん?」

ししょ「いや~ちゃうんやけどな。こいつが息子だったらどんだけよかったか。」

おばちゃん「そんなことゆうたらあかんわ自分の子もおんのに。」

ししょ「そんなんゆうてもなあ、どーしょおもないわうちのは。」

おばちゃん「もう。 それじゃこの子は会社の子?」

ししょ「ちゃうちゃう。 昔いっぺん来たことあるやろ。 (せんせい)の子や。」

おばちゃん「はいはい! まーおっきいなったねえ。 男前になってもーて」

K「あー・・・。 すいません覚えてなくてww」

おばちゃん「まだ4歳くらいだったんちゃう? 落ち着きのない子だったわぁ。」

K「すいませんwwww」





809 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2007/07/16(月) 18:40:39.24 ID:/DLFets0
ししょ「すまんの。 ごっつぉさん。」

K「いいよ。 んで いくらいるん?」

ししょ「もう金はええわ。 それより飲みいこや。」

K「ええわって どうにもならんゆうてたやないか。 しかも今もう飲んだやろ。」

ししょ「ええわええわ。 行くか?」

K「行くかじゃないわ。 おっちゃん最近飲みすぎらしいやん。 アル中なるで。」

ししょ「もうアル中みたいなもんやわww」

K「んじゃ尚更控えろや。 またシラフになったら連絡してき。 振り込むから。」

ししょ「なんや行かんのか?」

K「仕事残ってるしな。 東京戻るわ。」

ししょ「なんやつまらんのぉ。 そんじゃ一人で行くわ。」

K「金あんのか?」

ししょ「ツケ聞くやろ・・・。」

K「・・・・・・~~。 ええわ。 んじゃもう一軒いこか。」



810 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2007/07/16(月) 18:50:36.73 ID:/DLFets0
K「大丈夫かいな。」

ししょ「大丈夫や。」

K「こんな飲んで奥さんなんも言わへんの?」

ししょ「あ~~・・・?」

K「聞こえてへんな。」

ししょ「あ~~・・・・くそ・・・。」

K「?」

ししょ「もうなんもかんも終わりじゃあクソ!!!」

K「・・・・・。」

ししょ「K すまんのお。 K のお。」

K「気にせんでええわ。 もう終わりやとゆうなや。」

ししょ「ほんっまに・・・・・・。 あ~~~~~~・・・・・。」

K「ほれ、帰るで。」

ししょ「帰らんわぁ。 家帰ったってなんもおもろないんじゃあ・・・。」

K「そんなおもろいことばっかあってたまるか。 ホラ掴まれや。」

811 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2007/07/16(月) 19:11:33.39 ID:/DLFets0
ししょ「ちょ、 オイ ちょっとはなせや。」

K「タクシー捕まえてくるわ。」

ししょ「ええやんけ。 ちょっと話そうや。ここ座ろや。」 すわり

K「だいぶ落ち着いたか?」 すわり

ししょ「落ち着いたわ・・酔ってへんわ全然。」

K「ホンマかオイ。」

ししょ「もうのお、 うちの家はあかんわ。 滅茶苦茶や。」

K「おっちゃんがそんな事ゆうてどうすんねん。」

ししょ「息子は借金ばっか作ってくるしのお。嫁はパチンコばっかやしのお。」

K「大変やな。」

ししょ「そおやろ? も~俺死にたいわ~K~・・・。」

K「そんなんゆうなや・・・・。」

ししょ「なんでやねんな~・・・・・。 もうあかんわ~・・・。」 

ぐいっ  ぶん  どしゃあ

K「ええ加減にせえよ!! なんやねんさっきから死にたいとか終わりやとかなんやねんお前!!」

ししょ「・・・・・。」

K「おっちゃんの事昔はあんま好きじゃなかったし 色々あったけどなぁ!!

  それでも強ぉて頼りになった人やったやないか!!なんやそのザマはよぉ!!」

ししょ「・・・っ知るかそんなもん・・。」

K「っ・・・・・ボケが・・・・。」

ぐい 

K「おっちゃんしっかりせぇやぁ・・・。 俺そんなん見たぁないわ・・・・。」

ししょ「泣くなやぁ・・・。 俺もよぉ、自分で情けないわ~…。」


812 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2007/07/16(月) 19:33:57.00 ID:/DLFets0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


K「金の心配ならせんでええ。 ゆうただけ振り込むし いつ返してくれてもええわ。」

ししょ「すまんのぉ・・・。」

K「そのうちええ事あるわ。 息子さんかてまだ24やろ? まだ見込みはないわけじゃないわ。

  やから死にたいとかもう言うな。」

ししょ「わかった・・・。 ホンマ申し訳ない。」

K「ほんじゃな。 明日連絡するから、 酒は控えるんやで。」

ししょ「Kなぁ。」

K「どしたん?」

ししょ「金借りる立場でこんな事ゆうんもなんやけどな、お前は大丈夫なんか?」

K「別に金持ってても使い道もないし大丈夫や。」

ししょ「金じゃなくてや、お前昔から人の事ばっかやないか。 自分の事気にしたことあるんか?」

K「そう見えるだけで俺もやっぱ人間やから自分が一番可愛いわ。好きな様にやってるで。」

ししょ「ホンマか?」

K「なんやねんまたかい。 ホンマどいつもこいつも同じことばっかやな。

  ゆうとくけど俺は人一倍好き勝手生きてるで。」

ししょ「そうか。 ならええわ。」

K「おっちゃんは人の事気にしてる場合じゃないやろ。 はよ帰って寝ろや。」

ししょう「そうさせてもらうわww」

813 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2007/07/16(月) 19:58:40.10 ID:/DLFets0
朝4時

K「お前も頑張り屋さんやなぁ。」

ボーカル「おかえり~・・・・。」

K「すまん。 遅そなった。」

ボーカル「眠い・・・・・・。」

K「寝てないんか?」

ボーカル「これ見て。」 かち かち

K「・・・・・・・・。」

ボーカル「・・・・・・・・・・・。」

K「・・・・・・・・・・・・。」

ボーカル「こんなの見つけたら寝れないでしょ?」

K「・・・・・・俺の出番は?」

ボーカル「ない。」

K「フーン。」

ボーカル「寝まーす・・・・。」 こて

K「うい。」    す だきあげっ すたすた


仮眠室 

がちゃ すたすた どさ

K「お疲れさん。」

ボーカル「うぃ~・・・・。」

K「化粧は落として寝ろよ。 荒れるぞ。」

ボーカル「んー・・・・・。」

814 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2007/07/16(月) 20:00:32.50 ID:/DLFets0
天才め