113 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2007/06/08(金) 07:13:08.52 ID:STUWVpA0
休憩所

ボーカル「おつかれさま。」

K「おう。」

ボーカル「どうりょうちゃん 普通でしたね。」

K「普通にしてくれてたんやろ。」

ボーカル「でしょうねぇ。」

K「よく考えたら っていうかよく考えんくても まあまずは「好きだったらいいじゃん」

  的な考えで付き合った訳なんよ。」

ボーカル「えー。 らしいけどらしくないなあ。」

K「んで ちょっとしてから「俺がこんな仕事してるし家族やら仕事仲間やらがって言ってる内は

  先は見えんし、結果間違いなく不幸になるな。」とか考えてしまったんやんな。」

ボーカル「そんなとこでしょうね。それはらしい。」

K「まあ 綺麗に聞こえるかもしれへんけど 思いっきり自分勝手というか訳わかんねーよって感じやんなww」

ボーカル「あぁ、分かってるんだww でもしょうがないですよ Kちゃんも人間だし。」

K「まあそれでな そんな仕打ち受けてもまだ気使ってくれてんねやなーって思ったわ。我ながら情けないこっちゃ。」

ボーカル「ちょっと感情的すぎるけど やっぱあの子もいい子なんですよ。 大人ですよ割と。」

K「まあそうやな。 んで結局何が言いたいんかっていうと」

ボーカル「やっぱヨリ戻すとか~?」

K「いや あいつも偉大なスーパーヒーローたる俺に出会って成長したんやなぁ・・。って  ことやな。」

ボーカル「そう繋げるんだwwww」


114 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2007/06/08(金) 07:28:10.05 ID:STUWVpA0
ボーカル「まーKちゃんが間違ってたんだとは思いますよ。」

K「はい。 返す言葉もないす。」

ボーカル「でもああやって普通にしようって努力してくれてるのは 多分

      Kちゃんが何考えてるか言わなくてもわかってるからじゃないですかね。」

K「なんのこっちゃ。」

ボーカル「Kちゃんは病気かっていうくらい「自分より他人」じゃないですか。いっつも。

      で実際どうりょうちゃんもKちゃんのそういう所に助けられてるし 好きだったと思う。」

K「んー。」

ボーカル「だから今回も本気で自分の事考えてくれたんだなーって思ったんだろうし、

      Kちゃんが無責任な気持ちで付き合ったのも許してあげようと思った とか。」

K「よくできた話やなぁww」

ボーカル「まぁ そう自分に言い聞かせとかなきゃやってらんないのもあるんだろうけど

      そんなとこだと思いますよ。 だから詫びる以上にもっと感じてあげることがあるんじゃないの

      ってはなし。」

K「どしたん  今日のボーカルさんちょっとかっこいいよ!ww」

ボーカル「今日もですww」


115 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2007/06/08(金) 07:41:01.80 ID:STUWVpA0
ボーカル「そもそもKちゃんなんで人のことばっか考えるの? 昔から?」

K「なんやそう見えるか? めっちゃわがままやん。」

ボーカル「見えますよ。 最初「何勘違いしてんのこいつww」って思ったもんww」

K「うっざぁww」

ボーカル「でもこんだけ一緒にこういう仕事してると 勘違いとか偽善とかでできるレベルじゃ

      ないなーって思った。 あーこーいう人もいるんだぁって。」

K「おいおい 褒め殺しかよーww」

ボーカル「ふーんww」

K「いやでも べっつに そんな事 考えたこともないけどなぁ。 全部その場のノリでやってるだけやし。」

ボーカル「ほんとに?」

K「てゆうかな 自分の生まれたての子供捨てるようなクソガキの子供やで。

  性根の部分では相当腐ってるとおもうでーww」

ボーカル「ふーん。 じゃあなんで施設とか兄弟とかに色々してあげるの?」

K「え。」

ボーカル「だってそれは意識しないとできないことでしょ?ww」

K「その顔ムカつく やめろww」

ボーカル「ねー なんでぇww」

K「触んな    ・・・・・・お前絶対言うなよ。」

ボーカル「わかった言わないww はよして~ww」

K「ほんまにわかってんのかい」


116 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2007/06/08(金) 07:54:21.48 ID:STUWVpA0
K「俺のおった施設って ほとんど孤児院なんやんな。捨て子とか震災孤児とかばっかりの。」

ボーカル「知ってるw」

K「なんでしっとんねん・・。 んで、まーこりゃまたお人好しの園長先生が国から補助金もほとんど貰わずやっててな。」

ボーカル「うんうん。」

K「俺が最初のそこの子供だったわけや。 つっても 7歳になるまで 俺一人だったけどw」

ボーカル「随分小さいとこですもんね。」

K「・・・・調べてんの?」

ボーカル「まぁまぁ それで?」

K「このボケ・・。 んまーそれで俺のかーちゃん代わりだった人がおんねん。この前どうりょうにも合わせたけど」

ボーカル「うんうん。」 きらきら

K「その人は園長先生の娘で今41やねん。 せやから15の時俺が入ってきたわけや。」

ボーカル「中学生とか高校生じゃんww」

K「そうやんな。 これまたできた娘さんでな、もっと面倒見れる子供増やすために

  園長先生には他の事してもらって、 俺の事はほとんど一人で面倒見てくれてた。」

ボーカル「15なのに!?」

K「15なのに。」


117 名前:VIPにかわりましてパー速からお送りしますPart774 投稿日:2007/06/08(金) 08:06:27.69 ID:.hwT9Eg0
ボーカル、ストーカーレベルじゃね?wwwwwwwwwwwwww


118 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2007/06/08(金) 08:16:00.12 ID:STUWVpA0
ボーカル「え 学校は?」

K「高校いかへんかったらしいわ。」

ボーカル「それはKちゃんの為?」

K「そうやろな。その甲斐もあって俺が2歳の時に他の子らがちょこちょこ入ってきだしてん。」

ボーカル「え さっき 7歳まで一人だったって」

K「まー聞けや。 7歳の時に資金繰り資金繰りがうまくいかんくなって

  他の子らが国営の施設とかに引き取られていったんや。

  でも俺は自分の子供とか孫みたいに思ってくれたんやろな。 手離せへんかったんよ。」

ボーカル「ん 分かりづらい。」

K「んー。 それから半年してなんとか立て直して、ようやく今後自立するまで面倒みることになる

  子が一人づつ入ってきた。 ってゆうたらわかるか?」

ボーカル「あぁ。 はいはい。」

K「でも経営は苦しいままやろ。 しかも俺はおかーちゃんにべったりだったから、

  自動的におかーちゃんが保育士とか調理師さんをやってたわけや。」

ボーカル「おかーちゃんってよんでるんだw」

K「まぁええがな。 多分俺がおらんかったら、経営が傾いたときにやめてるやろーと思う。」

ボーカル「それもKちゃんの為につづけたってこと?」

K「んー。 他の子らが引き取られていく時に俺がえらい泣いてなぁ。 せやからまだ続けて

  もっと他の子ら入れて、兄弟作ってやろうと思ってくれたんやろ。」

ボーカル「は~~~~。 すごい。」


119 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2007/06/08(金) 08:32:19.15 ID:STUWVpA0
K「結局 俺はおかーちゃんの人生奪ってしもとるわけや。 俺がおらんかったら

  高校行って 大学行って 普通に結婚して、 ってできとったと思う。」

ボーカル「まぁ・・・そーかな。」

K「まぁ今は結婚したけどな。 でも人生で一番楽しい時期は苦労しまくってたわけや。

  俺のせいで。」

ボーカル「悲観的に考えますねぇ。」

K「そんな人らに育てられてたら 多少の恩返し位するやろ普通ww」

ボーカル「多少じゃないですけどね。」

K「まあ 収入がちゃうんやから俺にとっては多少じゃ。」

ボーカル「収入が違うって 施設の為に今の仕事はじめたんでしょ?」

K「まーそうやけど。」

ボーカル「それじゃお母さんはKちゃんの為に Kちゃんは施設の為に人生捨ててるってことじゃない?

      ろくに彼女も作れないし 命かけなきゃいけないし。」

K「あのなー 俺は人生捨ててる気もないし 今幸せやし楽しいぞ。」

ボーカル「じゃあお母さんもKちゃん育てるために人生捨てたって思ってないんじゃない?

      幸せだったし楽しかったからやってたんじゃないの?」

K「・・・・・・・!! うおおお!!」

ボーカル「ね?」

K「お前やっぱすごいな!!」

ボーカル「今まで考えたことなかったの?ww そういう風に。」

K「うん!!」

ボーカル「あー もう かわいいww」 ぎゅ

K「触んな」 ぐい

ボーカル「え~~~~・・・・ww」


120 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2007/06/08(金) 08:45:26.47 ID:STUWVpA0
K「まーでも そうやな。 そういう風に考えてもええな。」

ボーカル「そうそう。 悪いなぁって気持ちだけで色々されてもおかあさんは嬉しくないだろうしね。」

K「うん。 かといって俺がなんかやること変えるわけじゃないけどな。」

ボーカル「それはそれでいいのと思うよ。 気持ちの持ちようはよくなったでしょ?」

K「かなりな。 思わんところで気持ちが晴れたわ。 ありがとう。」 

ボーカル「惚れんなよw」

K「いや 惚れんけど 今日のはさすがになんかしてやらにゃいかんわ。」

ボーカル「なにしてくれんのww」

K「そーさな 今度の仕事でお前の取り分大幅アップ。」

ボーカル「金かよ!!ww」

K「お前のお金大好きやん。 なんやちゅーでもしてやったほうがええんか?」

ボーカル「あ・・・・じゃあ お金でww」

K「じゃあってなんやww なんか釈然とせえへんなww」


121 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2007/06/08(金) 09:02:32.19 ID:STUWVpA0
今日は感動した。

 >>117 多分KとDの身の上はだいぶ調べてる。 

    最近は不安な新入りの素行や経歴なんかも調べてる。



とか書いてたら寝る時間\(^o^)/

いてきま