60 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2007/06/06(水) 06:13:38.91 ID:MY9vNQU0
あまぞねす「っ!!」 ぶんっ

K「っ。」 すか

あまぞねす「!!」  がしっ

K「ふっ!!」  ぐわっ  ぐいっ

あまぞねす「アアッ!!」  ぐらぁ

K「(女にしてはすごい。)っ!!」  ぐわんっ   ぐりんっ!!

あまぞねす「クァッ!!」 ずだーん

K「・・・・・・・・・・。」 手を貸す ぐい

ぱっ 払う  あまぞねす「「結構です。」」

K「「・・。 これくらいにしておこうか。 女性とは神経を使いすぎる。」」

あまぞねす「「・・・それは手を抜くからという事?」」

K「「侮辱してるわけじゃない。 実際君が相手だと気が抜けないからな。」」

あまぞねす「「ならどういう事? 説明してほしいわ。」」

K「いや乳に手当たったりとかそういうのとかさぁ。 気になるやん? ウブやし 初対面やし。」

あまぞねす「「なんで日本語になるの。 聞き取れなかったわ。 英語でお願いできるかしら。」」

K「「言わない。」」

あまぞねす「「言いなさい。」」

K「「やだ。」」   


61 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2007/06/06(水) 06:36:25.95 ID:MY9vNQU0
あまぞねす「「こんな深夜に付き合ってもらっちゃって 彼女に失礼だったかしら?」」

K「・・・・・・あ。」

あまぞねす「「どうしたの?」」

K「「電話するの忘れた。」」

あまぞねす「「随分かわいい事言うのねww 明日埋め合わせしてあげないとww」」

K「「なかなか気難しい子でね。」」

あまぞねす「「でもそういう女性が好きなように見えるけど?」」

K「「そうかもしれないな。」」

あまぞねす「「あなたは女性の尊厳を大事にする人に思える。 彼女は幸せ者ね。」」

K「「それは買い被り過ぎだな。 いつも泣かせてばっかりだ。」」

あまぞねす「「あの子は芯の強い子。 心の底ではあなたを強く信頼しているわよ。」」

K「「一度会っただけでわかるのか。」」

あまぞねす「「ええ。 人を観察できないとあたしの仕事は務まらないでしょう。 だから心配しないでいいわ。」」

K「「そうか。 そうだといいな。」」


62 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2007/06/06(水) 06:38:10.02 ID:MY9vNQU0
やっぱ外人女性はかっこよろしいなあ。

寝ーる


64 名前:VIPにかわりましてパー速からお送りしますPart774 投稿日:2007/06/06(水) 09:05:37.79 ID:5EOyvC.0
あまぞねす…D-LIVE!! の亜取アキラで脳内補完した。


66 名前:VIPにかわりましてパー速からお送りしますPart774 投稿日:2007/06/06(水) 14:54:02.86 ID:5.qW7Yw0
俺はエアマスターに脳内変換された。


67 名前:VIPにかわりましてパー速からお送りしますPart774 投稿日:2007/06/06(水) 16:50:22.25 ID:dw12z4E0
スト2のキャミィに変換された。だが何かしっくりこない・・・。


68 名前:1 ◆3GcCm7z.d2 投稿日:2007/06/06(水) 20:03:19.10 ID:MY9vNQU0
きゃみぃ以外全部ぐぐってみた

そりゃマタハリみたいなこともやるだろし結構な美人だとは思うけど



こりゃねーよwwww