※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ロストプラネット


発売元 ジャンル 難易度 評価
カプコン TPS ☆☆☆ ☆☆☆☆

感想


Xbox360の評価を改めさせられた一作。とにかくオンライン対戦というものがいかにワクワクするものなのかをわからせてくれた。

操作性や操作感覚が地球防衛軍のパクリじゃないのかと思うほど似通っている。米国産のFPSと比べて、良い意味でリアリティが無くゲーム的な動きをする。武器はハンドグレネード系5種から1つ、射撃系武器13種から2つをステージに落ちているものを拾って使う。また、そのほかにもVS(Vital Suite)と呼ばれるパワードスーツに搭乗可能。火力、移動力ともに桁外れだが、オフラインモードではエネルギー武器の燃料および自身の体力を回復する手段でもあるサーマルエナジーを大量に消費する(オンライン対戦では体力回復は不可能) 

キャンペーンモードでは主人公ウェインを操り、惑星に救うAK(エイクリッド)や敵対する人間たちと戦いを繰り広げる。一方でオンラインバトルでは4種のルールから1つを選び、全プレイヤーが人間キャラとして戦う。

やはりオンライン対戦こそがこのゲームの肝だろう。ひたすら自分以外のプレイヤーを倒すサバイバルモード、複数チームに分かれ、敵チームのプレイヤーを多く倒したチームが勝利するチームサバイバル、マップに点在するデータポストを最終的に多く確保したチームが勝利する「データポスト戦」、一人をほかのプレイヤー全員で追い回す「フォックスハンティング」のルールがある。

今となってはこのルールは少なすぎるとも思えるが、シンプルで入り込みやすい仕様ではないかと思う。逆に、この手のゲームについて回るラグや謎のバグらしきものも多い。時々、チートを使っているプレイヤーもいるので注意しなくてはならない。

総括すると、国産ゲームに慣れていてオンライン対戦をはじめてみたいという人におすすめ。ガチガチのFPSとはまたちょっと違う操作感に好き嫌いが分かれるだろう。



デッドライジング、アイマス、地球防衛軍3以外のタイトルに興味がなかったあの頃に、ロスプラオンラインデモを見つけた時の衝撃は今も忘れられない・・・

以下、当時のblog記事


オン対戦おもすれー
ロストプラネットのオンライン対戦が熱い。

もともと、Xbox360のネット対戦機能って興味をもっていたにもかかわらず、これといってオンラインでやりたいゲームがなかったのだが、試しに無料でダウンロードできるロストプラネットをやってみたところ、これが実にハマる。

サバイバルとチームサバイバル(製品版では他に二つのモードがある)の二種類のルールを選べる。サバイバルは文字通り全員が敵。とにかく死なないように多くのプレイヤーを倒した者が勝者となる。一方でチームサバイバルは対抗戦。二つのチームに分かれて、相手チームのプレイヤーを多く倒したチームが勝ちとなる。

最初はばんばん死にまくり。まず、接近しても銃があたらない。第一、FPS、TPSとはとんと縁の無い自分にはオンライン対戦もなにも、まずこの操作感になれないといけない。もっとも地球防衛軍くらいならやったことあるが。

そういえば、ロスプラの操作感はなんとなく地球防衛軍に似てなくも無い。武器の持てる数といい、転がって避ける緊急回避といい、まあもしかしたら、それで比較的溶け込めた……のかも。まあ今でも相当に下手なんだけどね。外国人ユーザーに笑われるくらいド下手。

でも楽しいのは、フレンドがどんどん増えること。今日もいきなりテンションの高い奴に話しかけられて一緒に対戦をした。Xbox liveのフレンドってどうやって増やすのか謎だったのだが、こういうゲームだとすんなり打ち解けるから面白い。今日出来たフレの人たち、このblog見てないかなー。無理か。EXCITEブログ、ゲーマータグ表示できないっぽいし。

というわけで、いろいろ買ったゲーム(ロストオデッセイとか)は、無視してロスプラ三昧な俺でした。