※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サイクルサッカーの競技者は,Tシャツ・短パン・ソックス・シューズを着用します.試合のときは二人の競技者が、背中に大きくチーム名の入った揃いのユニフォームを着用しなければなりません.ユニフォームはサイクル「サッカー」と言うだけあってサッカーのユニフォームがよく使われます.「サイクル」でもあるので、もちろん自転車のレーシングウエアでもかまいません.

また、競技規則「2チームが同色の服装を着用している場合、1方のチームが着替えなければならない。どちらのチームも自発的に着替えない場合は、レフリーは、クジによって決めなければならない。クジを引いたチームがまだ拒む場合は、0:5でそのチームを負けとする」に従って、ユニフォームは色別に2種類用意する必要があります。

シューズとソックスについては少し注意が必要で、足を保護するハイカットのシューズと、ハイソックスやストッキングの着用がルールで義務づけられています。これは、競技者が自転車に乗ってボールを奪いあい、足回りが危険になるからです。(詳しくはシューズのページへ)

他には,トップチューブで腿の内側を擦ることがあるので,ハーフパンツをはいたり,短パンの下にスパッツをはくこともあります.さらに、多くの選手が汗で手が滑らないように、グローブや軍手をします。(詳しくはグローブのページへ)

正面
後ろ

問題点
先に述べたように、ユニフォームは2種類用意しなければいけないのですが、ほとんどのチームは1種類しかユニフォームを持っておらず、2チームが同色であってもそのまま試合を行っているのが現状です。特に学生の場合これに加えて、Tシャツは同じものの、短パン・ソックスがチームでぱらぱらな時もあり、今後改善していかなければならない点です。
(2002.10.20 35期・豊福)