※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 めいどさん☆すぴりっつ!~わたしの中にいるあなた~(Sirius)/2006/1/27
 シナリオ:保住圭
 原画:ミヤスリサ(宮栖里紗)
 音楽:ナータリオン/KAIDO



 [あらすじ]
生まれ故郷に新居を購入し、隣国から十年ぶりに帰ってきた魔導士ペック・スパージュ。
到着してみると、新居の前には、一人のメイドが彼を待っていた。
名前は、フィエナ。
ペックに仕えることになった彼女は、驚いたことに――実体と意志を持ち、館と感覚のつながった「館の精霊」だった。

フィエナは二ヶ月前にこの姿を成し、それ以前、ただの館であった頃の記憶は漠然としかなかった。
しかし、入居初日の夜、ペックに「鍵を開けていただく」――抱かれることで、彼女には変化が生じた。

エクスタシーを感じることで、記憶回復と機能拡大が起こる。
フィエナはどうやら、そういう精霊らしい。
そんな彼女の造りと、彼女を造ったであろう「館の前の住人」に、ペックはさらなる興味を覚える。
魔導士のご主人様と、精霊のメイド。
となれば、することは決まった。

毎週日曜の夜、「研究」を行おう。フィエナを抱き、エクスタシーに達しさせ、記憶回復と機能拡大を引き出そう。
フィエナは顔を真っ赤にしながらも、お願いしますとうなずいた。

――それにしたって、「フィエナ」は広い。
家計の助けにもなることだし、空いている部屋には、下宿人を入れることにした。
三食メイドつきの格安物件ともなれば、募集してすぐ、店子は集まった。
偶然にも全員、若くて可愛い女の子であった。
一気に娘くさくなったものだった。

そうして「フィエナ」の中、魔導師にして魔法屋、大家にしてご主人様、館で唯一の男――というペックの新しい生活は始まったわけだ。
仕事に精を出しながら、それぞれに魅力的な店子たちとメイドに囲まれて過ごす、賑やかな毎日。
毎週日曜の夜には、皆には秘密の「研究」。
店子たちの前では優しく控えめなメイドであるフィエナも、ベッドの上ではただただ身悶え、敏感に達してしまう可愛い精霊であるのを、ペックだけが知っている。
                          -OHPより抜粋-



 シナリオ:22/30
 テキスト:26/30
 グラフィック:9/10
 サウンド:8/10
 システム:8/10
 基本点:10

 総合:83/100



 レビューは後日