※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 絶対★妹至上主義!!(脳内彼女)/2007/01/26
 シナリオ:西田一(メイン)/蒼夜/結月/影花
 原画:結城しん/遊月ことな
 音楽:如日(UI-70)/磯村カイ(TONAKAI sound works)



 [あらすじ]
女系家族に生まれた主人公は姉妹たちにないがしろにされ、苦難の幼少期を送る。
やがて、就職や進学で姉たちが家を出て行き、
主人公にも安らかな日々が訪れるようになる。
唯一家に残った妹の湊のガサツさにため息をつく時もあるが、
自堕落にも楽しい日々を過ごしていた。

しかし、転機は突然やってきた―

春休みを迎え、父が引き取った妹、海音が現れる。
主人公はおとなしい海音を歓迎するが、彼女は主人公を前世の恋人と呼ぶ電波系だった。
しかも、主人公がもっとも苦手とするしっかりものの妹、円が家に帰ってきて、家庭内の決定権を奪われてしまう。
そして一緒に過ごしていた妹の奏は、もともと主人公のことをナメていた。
しかも、幼なじみのゆかりまでもが、友里家に押しかけてくる始末。
主人公は幼少のころの体験と女性経験の少なさのせいで、
女である妹たちにきつくあたることが出来ない。
だが、これでいいわけがない。

家庭内の力関係がますます微妙になってきたところで、
妹達を見返してやろうと主人公は兄の威厳の復活を画策する。

今ここに、妹たちに対するお兄ちゃんの革命が始まった!!
                           -OHPより抜粋-



 シナリオ:16/30
 テキスト:13/30
 グラフィック:8/10
 サウンド:6/10
 システム:7/10
 基本点:10

 総合:60/100



 レビューは後日