※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 PIZZICATO POLKA-彗星幻夜-(ぱじゃまソフト)/2003/1212
 シナリオ:こいずみわたる
 原画:娘太丸
 音楽:OdiakeS



 [あらすじ]
 日本の大学に通う学生である鼓達也(つづみ たつや)は、そんな風光明媚な古都に留学することになった。
 彼がヘクセンブルグへの留学を決意したのには、彼の専攻である民俗学を研究するためだけではない。
 実は、もう一つ理由があったのだ。
 数ヶ月前、同じくヘクセンブルグに留学し、そして消息を絶った生島静香(いくしま しずか)先輩を捜索することである。
 おりしもヘクセンブルグでは謎の連続殺人事件が発生していた。
 夜な夜な若い女性が残忍な殺し方をされるという猟奇的な手口に、街中は恐怖に震え、おののいていた。
 はやく静香先輩を探し出さなければならない。
 彼女の身を案じれば一刻の猶予も、無い。

 そんな思いを胸に秘め、降り立ったかの地でめぐり合ったのは、
 下宿の隣室に住む少女ステラ
 大学での直属の指導教官であるヘンリエッタ
 元気いっぱいの少女ニコ
 教会に住む不思議な少女ミリアム
 そして沢山の街の人々。

 日本に残してきた妹、琴梨(ことり)のことを心配しながらも、
 達也はだんだん事件の深層へ触れていくことになる。

 奇しくも空には数十年に一度飛来する大彗星が長い尾をたなびかせていた。
                        -OHPより抜粋-



 シナリオ:21/30
 テキスト:19/30
 グラフィック:8/10
 サウンド:8/10
 システム:7/10
 基本点:10

 総合:73/100



 レビューは後日