※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 フォーチュンクッキー(smart)/2004/03/19
 シナリオ:J・さいろー/秋史恭(泉堂叶)/たにみちNON
 原画:有子瑶一
 音楽:Blueberry&Yogurt(ヨーグルト)



 [あらすじ]
  細々ながらも平凡で、平穏な暮らしを続ける一家だったが、ある日不意に、いつも通りの食事風景の中、母がぽつりとつぶやいた。

 「あのね。なんか今月中に、とっっっってもものスゴい、アンラッキーが来そうな予感」

 以前、母がそれをつぶやいた際には、「蓄えていた財産がほとんどゼロに」、「家屋全焼」といった大変な不運が訪れていた。

 しかも、その時でさえ彼女の言葉は「けっこうな不運」だった。
 そして悪いことに、彼女の予言は、こと、悪いことに関しては百発百中といっていいほどに的中する。 
 そんな彼女の言う「とっても物凄い」不運とはいったいなにか、と戦慄する家族達。
 不幸が訪れるのは仕方がないとして、

 「黙って不幸が来るのを待っては居られない」と、回避の方法を探す姉。
 「まあ、どんな不運でもなんとかなるんじゃないかしら」と太平楽な母
 「幸運のきっかけ」をなんとか探そうとする妹。

 そして、「自分はいったいどうすればいいのか」を考える長男。

 はたから見ればまるっきり馬鹿みたいな、だけど本人達にとっては全く笑えない、冗談ではすまない「不幸の宣告」。
 世界が砕けるわけでもなければ、人類が滅ぶわけでもない。
 ただ、自分たち家族にだけ、おそらくは確実に訪れる 「ものすごい不幸」。
 タイムリミットは一ヶ月。

 果たして、「不幸」は回避できるのか…?
                           -OHPより抜粋-



 シナリオ:24/30
 テキスト:21/30
 グラフィック:7/10
 サウンド:8/10
 システム:5/10
 基本点:10

 総合:75/100



 レビューは後日