※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 魔法はあめいろ?(Sirius)/2004/12/03
 シナリオ:保住圭
 原画:ミヤスリサ(宮栖里紗)
 音楽:I’ve/ナータリオン



 [あらすじ]
 僕には秘密がある。

 普通の人にはない、妙な能力を持っているのだ。
 妙というか、変というか、しょうもないわりにやっかいというか……ともかくまあ、超能力というにはショボ い、そんな格好いい呼び方をしては申し訳ないような能力で。
 まあ、普通の人に言うようなものじゃないし、言って面倒なことになるのもいやだから、秘密にしている。
 「先生っ、魔法を教えてくださいっ」

 秘密じゃないじゃんそれじゃ! と叫ぶ間もなく──。

 教育実習生の僕と、3人の女の子たちのつきあいははじまり。
 休み時間に、放課後に、彼女たちは社会科準備室へと遊びに来てくれる。
 二週間だけ「先生」で、二週間だけ「生徒」で、そして秘密を共有する「お仲間」で。
 はじめて経験するそんな時間はとても楽しく、また同時に、いくつかの懸念を僕に覚えさせる。
 実習生とはいえ先生が、特定の生徒と仲良くしていいものなのだろうか?
 「秘密」を持つ人間が、普通の人とこんな話してていいものなのだろうか?

 でも、嬉しさは、楽しさは、止まらず。

 六月の雨打つ傘の下、昼休みの社会科準備室、放課後の夕食会。
 おしゃべりに興じ、いっしょにお弁当を食べ、いっしょに笑って。
 そして。
 いつの間にか。魔法みたいに恋をする。
                             -OHPより抜粋-



 シナリオ:20/30
 テキスト:24/30
 グラフィック:8/10
 サウンド:8/10
 システム:7/10
 基本点:10

 総合:77/100



 レビューは後日