※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ままらぶ(HERMIT)/2004/10/29
 シナリオ:企画屋(丸戸史明、卑影ムラサキ、小林且典他)/丸戸史明
 原画:ヤマ・びっこ(ヤマvびっこ)
 音楽:うずまきまさお/あるるかん(drops tone)



 [あらすじ]
どこの街にも必ず一つはありそうな分譲マンション、フローリアス樹ヶ丘。
その『5階』に暮らす3組の家庭。

「501号室」の秋月(あきづき)家
「503号室」の藤枝(ふじえだ)家
そして、「502号室」の桜木(さくらぎ)家

3家族は、部屋ごとの垣根もなく、全員が家族同然の扱い。隠し事なんて水臭い。包み隠さずフランクに―――そんな風に、彼らは和気藹々と、ごくごく普通のご近所付き合いをしていました。ところが、たった一つだけ、秘密があったのです。実は……

502号室の『息子』と503号室の『お母さん』は、恋人同士だったのです。

プラトニックなんかではなくて、ちゃんとHしちゃうような恋を……。

1号室、3号室、そして2号室の住人……
「<132>と書いて<ヒミツ>と読む!」

主人公、桜木浩二は、502号室で暮らす、ごく普通の少年。
そんな彼の意中の人は、隣の503号室の未亡人、藤枝涼子。主人公より一つ年下の娘がいるとは思えない、かわいい女性。

彼が夢見るささやかな将来は、その涼子さんと平凡な家庭を持つ事。
「二人っきりで、誰にも邪魔されず甘えまくる生活を送りたいんだっ!」という少々マザコンっぽいが、微笑ましい小市民的望みを胸にする受験生。
ところが、そんな彼の将来設計は、名うてのプレイボーイである父親の血統故に身に染み付いた、隠れプレイボーイ気質が仇となる。

涼子の一人娘であり、同級生でもある、藤枝小雪。
生意気で意地っ張りで口うるさくって、浩二にとっては古女房のような存在。 けれど、母親譲りの美少女で、学内では公認カップル扱いされている相手。
彼女も、ひそかに主人公に恋する女の子たちの一人だった。

小雪に内緒で、付き合いだした主人公と涼子は、まだキス止まり。なんとか、その先へたどり着こうと奮闘する二人を取り巻く、個性的なヒロインたち。

突然アメリカからやってくる、主人公の許婚、クリスは、能天気で、猛烈に主人公にアタックする、胸の大きな女の子。

見た目は清楚、表の顔は従順可憐な、萌え妹、菊永瑠璃。ところが、裏では、主人公をいじめまくってきた真っ黒な女王様。

そして、501号室の秋月かおりは、ちょっと年上の大学生。だけど、裸ワイシャツでフラフラ、エロ小説書きの因果か、エロワード言いまくりの困った人。

主人公は、そんなお色気たっぷりの誘惑をかいくぐって、無事、本命涼子と、Hできるのか? それとも、彼女たちの誘惑に負けて、新しい恋を選ぶのか。

全8話からなる、ホームドラマ仕立てのドタバタ恋愛コメディー。
                           -OHPより抜粋-



 シナリオ:20/30
 テキスト:22/30
 グラフィック:7/10
 サウンド:8/10
 システム:8/10
 基本点:10

 総合:75/100



 レビューは後日