2007年2月


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2007年2月28日 (水) 16:17 - 推理モノとSTG -


あけおめ。うん。おせぇ。
もう3月。

とりあえずおいといて。

ひぐらしプレイ中。


目明し編は大体予想通り。
というか誰が犯人か、を目明かす編ではないのが、
目明し編か。
あとは未プレイ。
ネタバレあるよ、とかいう表記が必要になるのだろうか。



タイトル通り推理モノとSTGは似ている。
伏線、ミスリード、ミスキャスト、密室。
弾幕、弾幕、弾幕、弾幕。
どれかが正しい。
どれかが当たらない。
発想の逆転。
敵の周りを回ってみる。
円軌道による錯覚。
起こりえない完全犯罪。
ってそりゃよけられない壁だろw

いかにその事件、弾幕を理解しているかで、
難易度、美しさ、凄惨さが変わる。
まぁ"推理モノ"なので、伝え方にもよる。
普通の事件なら事実だけがあるので
伝え方に差異などないから。


まぁ、簡単に言うと
オレはSTGも推理モノも好き、なんだということ。


名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。