※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【各種モデル解説】
<主に2011年までの旧型の情報です>
CBR150R……タイホンダ製。リバーサイド、パッセージ、全国のエンデュランス代理店などで購入可。
CBR125R……タイホンダ製欧州輸出モデル。レッドバロン、リバーサイド、パッセージなどで購入可。


■エンデュランスモデル
CBR150R e仕様……イニシャルアジャスターを追加。
CBR150R typeS……キットパーツ組み込み車。
CBR150R typeR……チューンドCBR150R。
CBR125RR…………CBR150Rボアダウン版。諸事情により販売終了。
ERF125シリーズ……CBR150Rをベースにしたオリジナルレーサー。


■CBR125RR/150R(タイ)とCBR125R(EURO)の違い
<見えにくい違い>
  • エンジンが違う。(タイ:DOHC EURO:SOHC)
  • 125RR/150R(タイ)にはサーモスタットが無く冷却水が常時ラジエターに流れている。水温が安定せず、冬はオーバークール。タイバイクに共通する仕様。(冷却ファンの温度スイッチはある)
  • エンジン側発電用コイルが違う(EUROのほうが発電量多い)
  • レギュレーターが違う(上記理由)
  • ハーネス類が違う。ヒューズも違う。バッテリーは共通。
  • ヘッドライトはタイ18w2個/EUROが35w2個
  • ウィンカーのW数が違う
  • フロントカウル+メーターを固定するステーが違う(フレームに溶接されている)
  • 125R'07からFI仕様

<見えやすい違い>
  • タイ仕様のユーロテールは欧州では人気のカスタムパーツ。
  • EUROのサスには調整機構がない。
  • マフラーはEUROの方が高級感あり
  • タイヤとブレーキは共通。
  • メーターの照明色が違う(タイ:赤 EURO:通常色)
  • ミラーの固定箇所の違い(タイ:カウル・可動式 EURO:ハンドル)
  • シャッターキー(タイ:あり EURO:なし)



■CBR125R年式によるカラーの違い
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|