※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

投資



■投資とは?

本拠地・領地・同盟港にドゥカートを投資して発展度や影響度を上昇させることが出来ます。本拠地・領地ではその港の所属国籍でしか投資できませんが、同盟港では国籍に関係なく投資することができます。


■投資のメリット

  • 発展度が上昇(最大65000)
発展度の上昇により様々な交易品やアイテム、船などの品揃えが増えます。

  • 影響度が上昇
影響度が上昇することにより1度に購入できる交易品の数量が増えます。
同盟港はその港で最も影響度の高い国の所属国になります。
自国同盟港になると関税が免除され、交易品を有利に売買できます。
影響度の高さに応じて売買時の「値切り」や「吹っかけ」ができる回数が増えます。

  • 投資の報酬
投資の報酬として非売品のレシピやロットなどが貰えます。
貰えるレシピやロットの種類は港によってさまざまです。

  • 爵位、名声
投資をすることにより累積金額に応じて爵位が授与されます。
金額に応じて名声値(商人職以外は商人職の2分の1)が貰えます。
社交スキルを取得していると熟練度が入ります。

  • 投資ランカー
各港の投資額上位5位まではランカーと呼ばれ、他国所属港でランカーになると関税が一部免除されたり、発展度不足の港などではまだ一般開放されていない交易品やアイテムを購入することができます。


■投資による影響度上昇のデメリット

  • 国勢力順位
国の勢力順位は全ての港の各国影響度合計で決まります。上位3国は大国、下位3国は小国と呼ばれ上位の国ほど自国港以外では交易品売買時に高い関税を取られます。

  • 勅命
自国総影響度が高ければ高いほど勅命の分母数値が大きくなります。分母が増え勅命未達成状態になると運河の運賃や所要時間が増えたり、投資による影響度上昇率が落ちたりします。

  • 自然減衰
同盟港の影響度が50%を超えると自然に影響度が減衰していきます。減衰速度は影響度が高いほど速いようです。50%まで低下すると減衰は止まります。


■投資の注意点

  • 投資キャップ
一度に多額の投資による発展度、影響度の上昇にはキャップがあります。
「発展度」は時間あたり1億ドゥカート(100M)でキャップがかかります。
「影響度」は時間あたり1億ドゥカート(100M)を超えた金額に徐々にキャップがかかり金額が多額なほど影響度上昇率が鈍くなります。

  • 影響度の上昇率
影響度を1%上げるために必要な金額は『発展度×1000ドゥカート』でおおよその計算ができます。例えば発展度65000、自国影響度40%の港の影響度を1%上昇させるためには、
『65000×1000=6500万ドゥカート(65M)』必要ということになります。
ただし上に記述したように100Mを超えるとキャップがかかってしまうために注意が必要です。
また自国影響度が10%未満であれば影響度が上がりやすく、50%以上になると上がりにくくなります。


■理想的な投資とは?

国としての理想的な投資は『総影響度を低く抑えて同盟港を多く確保する』ことです。不要な影響度を抑え必要な港へ投資を集中させることが重要な要素になります。

また交易品の購入数に応じた影響度の確保、例えばカルカッタのように生糸購入数が最低5個単位なため、端数を出さないように5個区切りで買える影響度を確保することも重要です。

現在のボレアスのヴェネツィアは数多くの優良同盟港を保持しており交易では非常に優秀な国です。しかし1プレイヤーでは優良港を維持することは難しいため、みんなで助け合い、支え合ってヴェネツィアを盛り上げていきましょう。