※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


縫製

始めに

序盤の予備帆はそこそこ儲かるものの中盤では他の生産に比べるといまいちです。しかしR13のベルベットを織れるようになると莫大な富と経験値、名声を与えてくれます。特に経験値が良い為、軍人や冒険メインの人でも縫製と繊維取引の2枠だけで高い交易レベルを目指す事も難しくありません。ただし他の生産スキルと違い、生産品、交易品ともに優遇時の高いRankで無ければあまり有用なものがありません。


修行編

  • 必須スキル:縫製、繊維取引
  • 必要レシピ
    • 織物秘伝・素材の書 R1~R3 5000 各首都
    • 織物秘伝・生地の書 R3~R 8 10000 アムステルダムなど
    • 織物秘伝・高級生地の書 R7~R14 100000 アムステルダムなど
    • モードデザイン集・第3巻 R4~R7 100000 後述
    • 船大工入門・縫製の書 R1~R3 10000 アントワープなど

  • 推奨アイテム
    • 竹箒(縫製+1)
    • 水晶アクセサリー(繊維取引+2、ソファラで4Mで販売)
    • 仕入れ発注書カテゴリー3(以下カテ3)

  • R別生産物
R1:羊>羊毛、鶏>羽毛(ヘルデル)
R2:麻生地>予備帆(アムステルダム
R3:羊毛>毛織生地(オスロ)
R4:羊毛>ニット
R5:同上
R6:同上
R7:羊毛>ニット、フランネル(ただしオスロだと赤字、他地域だと名産がつく)
R8:羊毛>ニット、ツイード、フランネル
R9:同上
R10:同上、亜麻>レース(オスロなど)
R11:同上、生糸+刺繍糸>サテン(マスリパタムなど)
R12:同上、生糸+刺繍糸>ジョーゼット
R13:生糸+刺繍糸>ベルベット
R14:同上
R15:縫製マスター!!

注意点

  • オスロ利用
織物耐性が無い為、そのまま落とすとよく暴落してしまう。なるべく美術品や宝石、火器などで暴落させて置いたほうがよい。また、羊毛を買う>酒場で織る>コペンに行く のようなパターンはあまりお勧め出来ない。道中で織るか、そうでなければカテ3をクエで集めてオスロに篭った方が時間効率は良い筈。

  • 羊毛の加工
羊毛あたりの熟練はニット、時間効率はツイード、(名産がつく地域のみ)経験値・名声はフランネル

  • モード3
ピサで買えます。
現在ピサがあまり発展しておらず、オポルト、プリマス、マラガの領地に1.5M投資の報酬な為ネーデル人が直接入手することは不可。他国フレに頼んだり、商会ショップ、バザー等で探すしか。


  • 繊維取引
本格的にインドで稼ぐとなると肝になるのはこれなのでオスロ時代からなるべく鍛えておきたいところ。基本はR*20ずつ買うこと。また、縫製R9以下でオスロにてカテ3連打する場合亜麻の処理に困るが買ってそのまま交易に売る。赤字は出るが後々の稼ぎに差が出るだろう。余裕があるなら皮革も直売り(工芸もちなら皮革製品という手もあるが。。)。


ベルベッターの心得

基本

生糸4+仕立て道具1>ししゅう糸4-6 (縫製R6)
生糸3+ししゅう糸1>ベルベット2-3 (縫製R13)

  • 副官は主計の高い者を主計に(大成功率UP)
  • 副官の主計に拠るが生糸1.6-1.7につきベルベット1枚
  • 綿花も買ってそのまま売りで繊維を鍛える
  • crtl+クリックでまとめ買い、まとめ売りが可能
  • 料理、高級生地レシピ、モード3レシピはカスタムスロットに
  • 繊維取引は艦隊共有可能なので現地の高レベルの人に声かけて支援してもらおう
  • 交易レベルの低い副官だとガンガン交易レベル上がって特性が育たない。

準備

  • 仕立て道具は大量に使用するのでなるべく銀行999、手持ち200、バッグ200と可能な限り持ち込む。サントドミンゴ、マルセイユは銀行と道具屋が近いので便利。
  • カテ3も大量に。主な入手クエは下記の通り。言語の有無でクエ出現率は大分変わる。

クエ名 納入品 納入先 必要言語
両手剣の納品 7枚 アムステルダム 両手剣5 マルセイユ フランス語英語
レースの納品 7枚 セビリア レース10 コペンハーゲン ノルド語
陸地探索の必需品 9枚 セビリア アルケブス銃3 サントドミンゴ スペイン語
カリブの麻生地 9枚 サントドミンゴ 麻生地30 セビリア スペイン語
美術品収集 8枚 サントドミンゴ 木像3 リスボン ポルトガル語
王宮への献上物 12枚 サントドミンゴ サンゴ細工10 ロンドン 英語
火薬の納品 3枚 マルセイユ 火薬9 マディラ ポルトガル語スペイン語
ヨーロッパの武器 26枚 セビリア マスケット銃5 ジャカルタ マラユ・タガログ語
インドの自慢 23枚 カリカット インド更紗1 リスボン ポルトガル語
他にも造船ロットで入手するという方法も。

相場

とりあえず相場情報の共有が肝。

ベルベット 変動6% 仮上限110% 仮下限70%
生糸 変動8% 仮上限170% 仮下限90%

※例えば仮上限110%というのは110%を越えると↓に転ずる可能性があるということ。適当な単語が思いつかなかったので正しい言葉知ってる人いたら修正してくださいorz

自然状態だと大体1時間に1回変動するが、相場が良い時など大量の売買が発生するとそれよりも早く変動。おおよそだが生糸の底値は1日1-2時間ほど早くなると見てよいだろう。ベルベットに関しては次の日の相場までは読みにくい。

どの位まで織るかだが、ベルベット1枚あたりの利益を基準にすることが多い。私的な見解だが
  • 3000以下:問題外
  • 3400:ボーダー
  • 3800:そこそこ
  • 4200:結構良い
  • 5000以上:神

マスリパタムではよっぽどでない限りはボーダーを越える時間がある。しかしやはり関税というのは大きいもので、カルカッタやディヴではマスリの結構良いクラスの相場でないとボーダーを越えることが出来ない。

織る人数が多くなると繊維暴騰の可能性が少なからずあり、またポンディなどが織物暴落しているとそれが伝播することも。よって相場の良い時間にはなるべく何かしら暴落させておくことを推奨。

ポンディシェリの活用

マスリパタムには片道1日でいけるポンディ、織物耐性が無いので暴落調整が必要なものの、売り相場を2つ選択できるというのは大きい。

暴落調整には現地で作成可能なものとして鋳造の火器類、縫製だと工芸品の刺繍糸、高級衣料。高級衣料を作る場合は家畜取引、素材の書、カテ1を用いて羊を毟る。また、既に相場が良いとの情報を得て、インドに向かうという場合にはアムスの水晶加工でのガラス細工や、セビリアやマルセイユの商会ショップ売りのマスケット銃(6000-7000、ふっかけが決まれば赤字にはならない)を持ち込むとよいかも。これらはマスリの暴落調整にも使える。

ベルベットの売り方

  • 経験値、名声重視
名産経験値は500でキャップがかかるので小分けして売ると良い。
各レベルのキャップ個数は
    • 35lv:78個
    • 40lv:82個
    • 45lv:87個
    • 50lv:91個

名声は利益が550k以上になるとキャップがかかるが経験キャップの個数で売ってる限りこれを越えることはまず無い。

  • 利益重視
勿論ふっかけて全部売るという形になる。必然的にポンマスの往復が必要になるのでカテの節約にもなる。ヨーロッパ土産を50個ずつ混ぜてコンボ狙いという手もある。



コメント

  • とりあえず作成。 -- シャルンホルスト (2006-12-02 20:14:33)
  • ありがたいです。折みてがんばろ♪ -- せんちょ (2006-12-10 21:24:56)
  • R10以降は、生糸死亡時はトルコ絨毯もアリかも。
    ただし手間はだいぶかかります。 -- せんちょ (2007-04-07 21:41:11)
  • 生糸の相場が良くない時は良くなるまで異国の更紗(カリカ・カテ3(5枚))と短剣の仕入れ(ジャカ・カテ3(5枚))をやるというのもアリだと思います。 -- 名無しさん (2007-04-08 14:07:49)
  • マスリ 生糸121↑ ベルベット74↑ -- 零 (2007-12-07 19:19:22)
  • マスリ 生糸112↑ -- 名無しさん (2007-12-10 12:03:37)