スパーク


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

スパーク・イルビナ

(画像準備中)


基本情報

英字: Spark・Ilbina
ゲーム内表記: スパーク・I(L)
種族・性別: タイタニア族・男性
誕生日・年齢: 2/2 10代前半

ワールド: Lupinus
所属: 混成騎士団北軍、試練1029隊隊長
職業: フェンサー系(L)

外見的特徴
金髪碧眼
髪は短め。瞳が大きい。整った顔立ち。
スマートな体型だが華奢ではない。

フェンサー系の職業服を着ていることが多い。
色は白系統。頭には恋人のエヴィルと同じ貝殻の髪飾り。
私服は持っていないわけではないらしいが、
来ている姿はあまり見られない。
腰に常に2本のサーベルを下げている。

性格
真面目で人当たりのよい好青年。
 いい意味で物事を前向きに考えられる性格。普段から穏やかで、めったなことでは怒らないが、逆鱗に触れてしまった際の冷ややかな怒りは未だかつて止められた者がいないといわれている。爽やかな微笑みと後光が見えるような寛大な心を持つ。恋愛に関してはかなりの奥手。女性嫌いというわけではないが、初対面の女性とはマトモに会話が出来ないほど苦手意識を持っている。しかし、一度親しくなってしまうと相手の女性が勘違いしてしまうほど紳士的。もしかしたら鈍感なのかも。

人物背景
タイタニアの試験をサポートする部隊の1つ、1029隊の隊長。
 部下のメサイアイリスィヴを伴って、彼らの試練をサポートするためにアクロニア大陸へ降りてきている。若くして隊長に任命される実力者。自身が混成騎士団の北軍に所属することもあるが、2人に北軍への協力を通じ、協調性を身につけて欲しいと願っている。

 かつて教務指導官であったイルを尊敬している。彼への憧れからフェンサーギルドへ所属した。イルの弟のロストとは親友同士。お互いを高めあうライバルであった。ロストの死後は彼の形見であるサーベルを常に携帯し、道半ばにして命を絶たれた親友の分も強くなろうとしている。一方、闇に堕ち追放処分されたイルに対しても未だ信頼を失っておらず、いつかきっと戻ってきてくれると信じている。

家族構成
弟:シャイン(未)


戦闘能力

属性:
武器: 細剣
戦闘スタイル
前衛。小さな盾を片手に攻撃を防ぎつつ、細剣で攻撃をする。
攻防バランスのとれた戦い方をする。
腰に下げているもう1本のサーベルは普段、使うことはない。

スペシャルアビリティー

二刀流
盾を捨て、細剣2本で戦う我流剣術。攻防一体の流れるような攻撃で、相手に反撃を許さない。


登場作品

HoneyCrown

 外伝のみに登場。大規模演習の際に、部隊からはぐれたディスライアを迎えに来た青年ナイト。暑いステップ砂漠のど真ん中でも、彼の周りだけは風が吹いている。

明日は明日の風が吹く

 混成騎士団の北軍に所属する青年ナイト。タイタニアの試練をサポートする部隊を率いる隊長でもあり、メサイアとイリスィヴの2名の面倒を見ている。逢修螺とは北軍時代の同期だったが、彼女が脱退後は彼女らを追う側になっている。


前世(元ネタ)

スパーク・イルビナ>(未)
ダークアスク帝国の軍部トップ、大将軍を務める青年。魔族の血を引いていながら人望があり、兵たちからよく慕われている。また大の愛妻家で、家族サービスを惜しまない良き父親でもある。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。