部隊制度


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

タイタニア部隊制度

 身体、精神の障害により、単独で試練を受けることが困難と判断された場合、引率者を含む数人のグループでアクロニア大陸へ降りてくる制度。基本的に引率者との行動が義務付けられるが、引率者の判断によりグループを離脱するkと主可能。通常グループのことを「部隊」、引率者のことを「隊長」と呼ぶ。また隊長らを取りまとめ、制度全体の責任者となる「教務指導官」が存在する。

Zinniaの場合

 現在の教務指導官は不明。前任のイーストファウ(未)は弟のロシュウェスト(未)が事故に遭ってから、その治療に専念するために辞任している。後継者の名を特に指名しなかったため、タイタニア界の上層部が適任者を選出したと思われる。

 現在、部隊で降りてきている者は確認されていない。全員単独で試練を受けている。

Lupinusの場合

 現在の教務指導官は不明。前任はイル・ベルライト。弟のロスト・ベルライトを喪ってから、自責の念とタイタニア界のすべてに対する恨みで人格が歪んでしまい、堕天使の烙印を押されて追放された。その前の教務指導官はアルト・デ・ローゼンブーケ。記憶喪失になってしまい、長期間音信不通になっていたため、自動的に解任された。

 部隊で降りてきている者は1組確認されている。隊長はスパーク・イルビナ。協調性の皆無が問題視されるメサイア・ヴェールと、ロストの死を引きずり、試練に悪影響が出ると懸念されたイリスィヴ・エクスフィアの2名を伴って降りてきている。

Freesiaの場合

 現在の教務指導官はヴィクス・ファオラ(未)。前任のアドルーク・ド・ルネの遺言で急遽就任が決まったこともあり、まだ慣れていない点が多い。前任のアドルークは美誄ブレーン・チルドレン(未)に暗殺された。

 部隊で降りてきている者は2組確認されている。1組目の隊長はサーラ・ルシード(未)。多くの食物アレルギーをもち、体調管理が困難なエスレナ・カリスト(未)と、重度の兄依存(ようはブラコン)を持つ天遣瑪瑙(未)の2名を伴って降りてきている。
 もう1組の隊長はラズール(未)。兄アドルークの死を引きずるアネッサ・ド・ルネ(未)と行動を共にしている。なお、ラズールの元にはもう1人、一緒に降りてきた人物がいるが、彼の判断で独立許可が出されたため、現在は別行動をしている。

Cloverの場合

 現在の教務指導官はアドル・ド・ルネ。彼に潜在能力に気がついた上層部が、彼をタイタニア界に縛りつけるためにあえて役職を与えた。そのため、彼自身試練を終えていないのにも関わらず、異例の出世となった。前任はイル・ベルライト。アクロポリスに襲来したモンスターとの交戦中、負傷した仲間をかばって大怪我を負い、その傷が原因で死亡した。

 部隊で降りてきている者は2組確認されている。1組目の隊長は鳴果ラスティール(未)。兄イル「の死を引きずるゼロ・オリジンと、自己中心的でわがままなお坊ちゃん体質が問題視されるエリカディシュ・ド・ルネ(未)の2人と伴って降りてきている。現在、ラスティールの判断でゼロは完全独立を許可され、まったくの別行動を取っている。
 もう1組の隊長は烙花爛。その招待は違うワールド出身の美誄だが、上手く上層部をたぶらかして潜入に成功している(これはどのワールドでも同じ)。他人、特に他の種族をまったく信用しないアザリーと、全盲のため日常生活全般に不自由さを伴うディスライアを伴って降りてきている。現在、アザリーは定期連絡を欠かさないという条件付きで単独行動が許されている。また、ディスライアは美誄の夫ディスに身体の半分を貸していることから、常に行動を共にしている。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。