※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2006/10/22

参加メンバー


場所


レポ

工事とゴル5念願の我路ツアーとなり、久々の昼凸となった。
夕焼けに染まる円形校舎を眺めるために、期待にwktkしながら道を急ぐが、、向かうにつれて雨足が強くなってくる。

まずは、広大な敷地を持つ「炭鉱メモリアルパーク」に向かい、立坑櫓などを軽く眺める。大きいほうが人用なんだろうか?

その後、円形校舎に向けて来た道を戻るが、飲み物の補給がしたいのだが、商店はおろか自動販売機までが見当たらない。
ようやく自動販売機を見つけるが、電源が切れてしまっているようで、投入した硬貨は空しく返却されてしまう。。

夜の帳も降りてきはじめたころに、ようやく明かりの点いた自動販売機を見つけて、冷たい飲み物を入手した。

飲み物の調達で、これだけ困るのだから、トイレの調達はどうなるのだろう。。

車をスキー場のレストハウスとなっている、旧沼東中学校体育館脇に停めて沢沿いの道を登っていく。

途中川を挟んで、沼東小学校と体育館が見えるのだが、小学校本体は夕闇の林に囲まれて見つけられず、橋を渡った後に少し迷ってしまい、処理施設方面に向かってしまっていた。

ようやく辿り着いた円形校舎であるが、噂通りに玄関は水没していた。

<この先透視と念写>
気付くと浅い泥の上に立つメンバー達であった。
教室をひとつひとつ巡りながら、最上階まで昇り、漆黒の空を映すガラスを忌々しく眺めながら、ふと気付く。
ここの建物、トイレが無い。。
円形部分は基本的には全て教室となっており、シャッターに向かう部分だけが手洗い場が設置されている。
手洗い場が有ると言う事は、その裏の小部屋がトイレが設置されてそうな部屋なのだが、、何も無い。
まさか、オマル?

沼東小学校を後にし、沢を大回りして来た道を戻るのだが、、漆黒の闇と羆への恐怖心からか、来た時とは比べ物にならないほどの早足で戻るのであった。

  

更新履歴

取得中です。