※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2006/11/11

参加メンバー


場所

レポ

札幌心霊さんのツートップ(?)おるてがさんとアポリー少佐さんとの合同凸。ポッキー&プリッツの日。

おるてがさんの案内で、南区を目指すが、わかりにくい場所らしく、素直には辿り着かない。霊障か!?

簾舞廃屋は崩壊が物凄く、用意に人を寄せ付けない雰囲気がある。
屋内には昭和44年のカレンダーが貼られており、カレンダー下部に記載の住所が、札幌市が政令指定都市になる前の住所で、区名の記載が無いのに一同感嘆。
そんな高度成長期の廃屋ながら、入り口にCAT5ケーブルが巻きついていたのが、非常にミスマッチであった。

今シーズン初雪を眺めつつ、同じく南区の八垂別墓地へと車を進める。

「このあたりに同僚住んでいるから、出会ったら気まずいなぁ」なんて声を聞きながら、坂というよりは崖が近い斜面に立つ墓地内を探索する。

林に囲まれているため、落ち葉が多いのが印象的であったが、夏に赴けば、苔むす地面と大倉山が望めるのであろうか。凸メンバー一同「埋められるなら、こういう所がイイ」と言うぐらい、お気に入りの場所となった。もちろん怪現象は発生しなかった。。

パトカーに不審車両と怪しまれながらも、札幌市内を縦断し、北区へと向かった。

(略)

あまり深く意識はしてこなかったと思うが、凸チームのカラーができつつあるのか、他チームメンバーとの交流を通じて、”これから”について深く考えさせられるきっかけとなった。
  

更新履歴

取得中です。