※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2006/11/10

参加メンバー


場所

レポ

厚別川が札幌心霊さんのサイトで情報収集をしているうちに、なぜだかおるてがさんと合同凸の話がまとまる。

凸スール(仮)にとっての、初合同凸となる。

おるてがさんと、情報交換をしつつ、「やぱいっすよ。携帯電話圏外ですから、事故ったら朝まで車中泊ですよw」とリアルな経験談を繰り広げながら、工事にとって因縁深い、千歳市の水明共同墓地に向かう。

何もない通り沿いに存在する公共施設のためか、Googleマップに記載があるので、迷わずに到着。便利な世の中になったものだ。

千歳市というには、あまりにも山深い場所に存在するために、一寸先は闇の状態であるが、悪路のために途中で車を降りて徒歩にて向かうこととなる。
こんな場所で しか出番のない 大活躍するのが、あまりの 不恰好さと大きさに失笑のタネにもなる 明るさに皆も羨望の100万カンデラライト?である。自家用車のヘッドライト並みの明るさのため、遠くに存在する観音像を明るく照らし出す。(が、足元が暗いために水たまりに水没数回)

墓地自体は、人里離れすぎているためだろうか、移転した跡と思われる箇所が多数あるが、真新しい墓石がいくつかあるため、現役であることは間違いない。

またしても水たまりにはまりながら、車に戻り、今度はスワンへと向かうこととする。

(略)

スワンを去る際に、駐車場の奥から獣の足音が聞こえた。羆は、まだ冬眠しないのだろうか?
  

更新履歴

取得中です。