キャラのビルド例

オススメ例

このページでは有志が考えたキャラビルド例を挙げる。

OOタイプ(作成された期)
基本値 能力値 基本値 能力値 装備
HP 0 1 MP 0 1 主武装
命中 0 0 回避 0 0 主修正
攻撃 0 0 防御 0 0 副武装
魔力 0 0 抵抗 0 0 副修正
幸運 0 0 移動 5 防具
Lv 1 コスト 0 防具修正
属性   雇用価格 G 道具
特殊能力
スキル
特徴

このページの見方について

作成された期に注意しよう

各サンプルデータには、そのサンプルデータが作られたのが第何期なのか書かれている。
英雄クロニクルでは、期が変わるごとに特殊能力のコストやスキルの効果・名称修正などがあるので、同じデータのキャラが作れるとは限らない。注意されたし。

【初】=初心者・入門者向け

下記のサンプルデータのうち、英雄クロニクルを始めたばかりの初心者・入門者向けのものには、最初に【初】とつけてある。
とにかく癖が無くて扱いやすい、ストレスの溜まりにくいサンプルデータを欲しているなら、【初】がついているデータを参考にキャラ作成することをお勧めする。
なぜ【初】がついているのかという理由については、ページ最後の「弱点と好調型への補足」で説明している。

キャラクタータイプ


攻撃型

遠征で敵を倒す為のアタッカータイプ。イメージ的に主人公ということもあって一番多い。
が、メタでみると、攻撃型で重要になるのは命中、攻撃、そして移動力。大器晩成である事が多く、スキル枠が最大の10枠無いと、全て確保する事は難しい。
10枠揃えるには(特殊能力「才能」を取らなければ)転生6回が必要だ。これは最初の期では厳しいと思うが、小隊長以下での期末でも最低限の転生数は引き継げるので焦る事もない。
ただ、無課金前提の為アイテム引き継ぎ課金できず、かつレアアイテムを持ち越したいなら、最初から大器晩成を考慮に入れなければならない。

転生4~6回

【初】低コスト(60)/攻撃タイプ(五期)
基本値 能力値 基本値 能力値 装備
HP 0 1 MP 0 1 主武装 格闘(直接物理)
命中 0 0 回避 0 0 主修正
攻撃 23 34 防御 0 0 副武装 両手化(補助)
魔力 0 0 抵抗 0 0 副修正
幸運 0 0 移動 5 防具 服(防具)
Lv 1 コスト 60 防具修正
属性 (任意) 雇用価格 G 道具
特殊能力 攻撃上昇、命中上昇、
弱点(属性)、弱点(物理)、弱点(魔法)、発動低下
スキル 踏破、格闘術、(格闘術/10、精密攻撃/20、秘技(格闘)/転、疾走/転、疾走/転、格闘術/転、格闘術/転)
特徴 五期で追加されたシーズンクエスト達成の転生5回に標準をあわせた大器晩成タイプ。
二回攻撃の秘技(格闘)でお手軽に攻撃力を追求し、本来鬼門の命中上昇で、少ない転生数・絆でも命中をカバーする。
無課金でも可能だが転生のための労力がいる。
防御は紙なので防御を捨て攻撃と命中に振るようにすると良い(二極の場合、34と27)。
おすすめ追加スキルは"精密攻撃"、"秘技(格闘)"を1個ずつ、あとは"格闘術"と"疾走"をバランス良く。
弱点の物魔を外し(70)、HPに14、命中21振ると性能がやや安定する。
逆の方向では元々防御が紙なので攻撃上昇と命中上昇を好調型にする選択肢もある。
その場合は"進入コスト1/好"を取る(64)、もしくは"無属性/好"か"攻撃阻害半減/好"を取る(68)などが考えられる。
いずれにせよ、アタッカーとしては無課金の王道という程度なので、コストは欲張らない方が良いだろう。

【初】低コスト(50)/近接・槌アタッカータイプ(十一期)
基本値 能力値 基本値 能力値 装備
HP 0 1 MP 0 1 主武装 槌(直接物理)
命中 15 30 回避 0 0 主修正
攻撃 15 22 防御 0 0 副武装 両手化(補助)
魔力 0 0 抵抗 0 0 副修正
幸運 0 0 移動 5 防具 革鎧(防具)
Lv 1 コスト 50 防具修正
属性 (任意) 雇用価格 G 道具
特殊能力 攻撃上昇、才能(小)、発動低下、弱点(属性)、弱点(物理)、弱点(魔法)
スキル 踏破、疾走、槌術/+1、(槌術/10、槌術/20、秘技(槌)/転、疾走/転、槌術/転、槌術/転)
特徴 装備に頼らず、無課金や初心者でも扱いやすい例。
典型的なアタッカーで、再行動タイプとあわせて使いたい。
「槌」は"鉄壁"や"盾術"、その他防御力の高い相手を秘技で倒す事を前提にした選択なので、武器種類はお好みで。
攻撃を中心に、余力があればMPと命中を成長させる。
おすすめ追加スキルは"秘技(槌)"と"槌術"。
将来的には"残心"のついた装備品を着けると、なお便利。副要素にコモンの"命中強化"を気合合成でつけると当たり易くなる。
ver これは一番シンプルなビルドだが、攻撃阻害半減をつける(+30)、踏破を外し進入コスト1をつける(+25)、
団結をつけて攻撃力向上や支援もこなせるようにする(+25)、不死をつけて報復対策をする(+35)、
弱点物魔を外しHP上昇を積んで耐久力を高める(+50)など、応用する事もできる。色々組み合わせるのもいいが、コンセプト不明のビルドにはならないように注意。

【初】低コスト(60)/近接・斧アタッカータイプ(十一期)
基本値 能力値 基本値 能力値 装備
HP 15 31 MP 15 31 主武装 斧(直接物理)
命中 0 0 回避 0 0 主修正
攻撃 0 0 防御 0 0 副武装 両手化(補助)
魔力 0 0 抵抗 0 0 副修正
幸運 0 0 移動 5 防具 金属鎧(防具)
Lv 1 コスト 60 防具修正
属性 (任意) 雇用価格 G 道具
特殊能力 行動型(大)、弱点(属性)、緊急時弱体、味方依存、孤高、不幸、発動低下
スキル 踏破、包囲、(包囲/10、包囲/20、秘技(斧)/転、包囲/転、疾走/転、斧術/転、斧術/転、斧術/転)
特徴 無課金でも扱えるが、ややトリッキーな扱いが必要な例。
包囲を活かし、一緒に囲み攻撃させたり、自分は味方の準備しつつトークンで別の敵を攻撃する役目。
PPはMP中心。HPを伸ばすのも良いが、MP消費は大きいので中々難しい。
斧は秘技で損害制限を叩く事を前提にしているが、格闘や剣、槌の秘技でも特色を活かせる。お好みで。
おすすめ追加スキルは"包囲"と"秘技(斧)"と"斧術"。副武装斧による二刀斧もロマンなら有り。その場合、包囲2、二刀5、斧術1くらいのバランスになる。
ver トークンアタッカーのシンプルなビルドだが、MPに不安が残る。
MP再生(小)を取る(+20)、MP上昇を取る(+40)、或いは両方取るなどで対策しておきたい。
疾走分を空けたいなら配置拡張(+25)、トークンや仲間の攻撃力を上げるなら支援(小)を取る(+30)ことも出来るが、コストほどの効果は期待できないとも言える。
攻撃を担うのは主にトークンの役目なので、本体の攻撃力を伸ばすのは止めておいた方が良い。

中コスト(123)/間接・砲撃タイプ(十期)
基本値 能力値 基本値 能力値 装備
HP 0 1(30) MP 5(5) 11(40) 主武装 砲撃(間接物理)
命中 5(20) 10(40) 回避 0 0 主修正 威力強化Lv4/命中強化Lv3
攻撃 20(38) 30(57) 防御 0 0 副武装 両手化(補助)
魔力 0 0 抵抗 0 0 副修正 威力修正強化Lv3/命中修正強化Lv2
幸運 0 0 移動 9~10 防具 防具/不問
Lv 1(30) コスト 123 防具修正
属性 (任意) 雇用価格 G 道具 騎乗物or上級騎乗物
特殊能力 攻撃上昇/好、防御無視(小)/好、団結/好、弱点(属性)、弱点(物理)、弱点(魔法)、緊急時弱体、発動低下
スキル 砲撃術、疾走、制圧射撃/10、踏破/20、秘技(砲撃)/転、疾走/転、砲撃術/転、砲撃術/転、砲撃術/転、砲撃術/転
特徴 お金をかけずとも安定したダメージが出せる、がコンセプト。
PPと装備は、秘技二回分のMP40、命中200&間接威力100、移動力10を目標に設定。
Lv1で効果最大の制圧射撃と踏破は、のちに装備要素を手に入れることを考え、初期スキルでは取らない。
団結効果が無いとHP100超の相手を一撃で仕留め切れないのが難点か。
装備要素として追加するなら砲撃術を筆頭に、先制報復対策の制圧射撃、対見切りの捕捉攻撃、踏破、命中増加などが安価で手に入れやすくお勧め。(十期終了時点)

【初】中コスト(115)/近接・魔法バランスタイプ(二期)
基本値 能力値 基本値 能力値 装備
HP 10 31 MP 10 21 主武装 攻撃の指輪(直接攻撃)
命中 10 20 回避 0 0 主修正
攻撃 0 0 防御 0 0 副武装 魔導書(補助)
魔力 10 10 抵抗 0 0 副修正
幸運 0 0 移動 5 防具 革鎧(防具)
Lv 1 コスト 120 防具修正
属性 (任意) 雇用価格 G 道具
特殊能力 不死、魔力上昇、追加ダメージ
スキル 黒魔法、踏破
特徴 装備に頼らず、無課金や初心者でも扱いやすい例。連続遠征でも不利にはならない。
ある程度の耐久性を持ったアタッカー。
"追加ダメージ"で、"不倒"の敵にもとどめを刺しやすい。
HP、魔力を中心に成長させる。
おすすめ追加スキルは"黒魔法"の他、"疾走"が少しあると便利。

【初】中コスト(120)/近接・剣アタッカータイプ(四期)
基本値 能力値 基本値 能力値 装備
HP 10 21 MP 0 1 主武装 槌(直接物理)
命中 10 20 回避 0 0 主修正
攻撃 15 22 防御 0 0 副武装 両手化(補助)
魔力 0 0 抵抗 0 0 副修正
幸運 0 0 移動 5 防具 革鎧(防具)
Lv 1 コスト 120 防具修正
属性 (任意) 雇用価格 G 道具
特殊能力 攻撃上昇、攻撃阻害半減、進入コスト1、才能(小)、発動低下
スキル 剣術、薙ぎ払い、疾走/+1
特徴 装備に頼らず、無課金や初心者でも扱いやすい例。連続遠征でも不利にはならない。
典型的なアタッカーで、再行動タイプとあわせて使いたい。
「剣」は転生後に得られる"秘技(剣術)"を見越しての選択なので、武器種類はお好みで。
"反撃"や"先制"対策には"薙ぎ払い"を使用するのがよい(Lv3以降)。
攻撃を中心に、余力があればHPと命中を成長させる。
おすすめ追加スキルは"剣術"が一番で、次いで"秘技(剣術)"と"疾走"。
"発動低下"があるため、発動系("必中"や"連撃"等)は取らない事。
将来的には"残心"のついた装備品を着けると、なお便利。

中コスト(125)/近接・二刀発動アタッカータイプ(六期)
基本値 能力値 基本値 能力値 装備
HP 10 21 MP 0 1 主武装 槍(直接物理)
命中 0 0 回避 0 0 主修正
攻撃 20 30 防御 0 0 副武装 両手化(補助)
魔力 0 0 抵抗 0 0 副修正
幸運 0 0 移動 5 防具 革鎧(防具)
Lv 1 コスト 125 防具修正
属性 (任意) 雇用価格 G 道具
特殊能力 攻撃上昇、発動(大)、発動(小)
スキル 踏破、疾走、(疾走/10、槍術/20、槍術/転、槍術/転、二刀/転、二刀/転、二刀/転、薙ぎ払い/転)
特徴 大器晩成型だが、成長すれば様々な発動系スキルを楽しめるロマン型。
典型的なアタッカーで、再行動タイプとあわせて使いたい。
攻撃、命中を中心に成長させる。威力確保の為、最初は両手化装備をおすすめする。
おすすめ追加スキルは、まず"疾走"、"槍術"を伸ばし、3つになるまで"二刀"(102%)を取った後、
副武装は槍に持ち替え、"薙ぎ払い"を取る。
発動スキルは武器装備のUC要素で"必中"、"連撃"、"見切り"、"反撃"、"先制"などを獲得していくと面白い。
"踏破"、"薙ぎ払い"などLv1のみで済むものはスキル枠で獲得するのがおすすめ。
ver これは二刀アタッカーの例だが、必中アタッカーなら発動(小)の代わりに進入コスト1を取り、
"必中"を4つ取って(60%)、秘技(格闘)で60%発動を二回狙った方が攻撃と足回りを確保しやすい。
勿論、その場合に踏破はいらない。秘技の場合、二刀や連撃は発動しないので、"格闘術"などで
攻撃力を確保するか、"鉄壁"、"見切り"、"蘇生"などの防御系発動スキルを取ると良い。

【初】高コスト(200)/近接アタッカータイプ(十九期)、能力値は6転時のもの。
基本値 能力値 基本値 能力値 装備
HP 0 13 MP 0 13 主武装 剣(直接物理)
命中 1 14 回避 0 12 主修正
攻撃 23 43.5 防御 0 3 副武装 両手化(補助)
魔力 0 6 抵抗 0 3 副修正
幸運 0 6 移動 10 防具 革鎧(防具)
Lv 1 コスト 200 防具修正
属性 (任意) 雇用価格 G 道具
特殊能力 攻撃上昇、追加ダメージ、不死、才能(大)、発動低下
スキル 踏破、疾走、疾走/S3、剣術/10、剣術/20、(例:剣術/転、剣術/転、剣術/転、薙ぎ払い/転、秘技(剣)/転)
特徴 オーソドックスな秘技(剣)使い。若干高コストだが、コスト200程度なら傭兵を10人揃える事は可能であるし、何よりお手軽に強くなれる。
攻撃と命中を中心にPPを振る。不死なので余計な能力にPPをまわさなくてよい。
取得スキルなどは好みによるが、Lv30で威力100以上を想定すればいいかもしれない。
転生後は移動力10以上を確保しつつ、剣術などを取得していく。
ここでは便宜上「剣」としているが、近接武器なら応用は利く。
発動低下を取得しているので、"二刀"や"必中"スキルは取得しないこと。
(弱点(属性)などを取得する場合はその限りでない)
"踏破"、"薙ぎ払い"などのLv1のみで済むものは自前で取得するのがおすすめ。

補助型

英雄クロニクルの防衛AIには蘇生、再行動(近)などの補助的コマンド技は使わないという特徴がある。(但し指示は使う事がある)
そのためこうしたコマンドのみを使うキャラは完全遠征用ということになるが、特化が多く、装備や転生数にあまり依存しない。
オススメ例は、無課金・転生しなくても使えるキャラが多い。ある意味最も初心者向けといえる。

低コスト(50)/再行動・白魔法タイプ(二期)
基本値 能力値 基本値 能力値 装備
HP 0 1 MP 15 31 主武装 回復の指輪(直接回復/指輪)
命中 0 0 回避 0 0 主修正
攻撃 0 0 防御 0 0 副武装 増加の指輪(直接増加/指輪)
魔力 15 15 抵抗 0 0 副修正
幸運 0 0 移動 5 防具
Lv 1 コスト 50 防具修正
属性 (任意) 雇用価格 G 道具
特殊能力 再行動(近)/好、不死、
弱点(属性)、弱点(物理)、弱点(魔法)、緊急時弱体、味方依存、孤高、知覚低下
スキル 白魔法、踏破
特徴 装備に頼らず、無課金や初心者でも扱いやすい例。
"再行動(近)"でアタッカーを複数回行動、"白魔法"で味方をサポート。
"不死"があるため、前線に突っ込んでも被害は抑えられる。
MPを重点的に成長させ、魔力はせいぜい20止め。
おすすめ追加スキルは"疾走"。
2回転生が前提だが、"踏破"を外して"蘇生"×5(100%)を目指すのもアリ。

【初】低コスト(55)/予測トークンタイプ(十一期)
基本値 能力値 基本値 能力値 装備
HP 10 21 MP 20 41 主武装
命中 0 0 回避 0 0 主修正
攻撃 0 0 防御 0 0 副武装
魔力 0 0 抵抗 0 0 副修正
幸運 0 0 移動 5 防具 革鎧(防具/革鎧)
Lv 1 コスト 55 防具修正
属性 (任意) 雇用価格 G 道具
特殊能力 行動型(小)、緊急時弱体、味方依存、孤高、知覚低下、不幸、発動低下、弱点(属性)
スキル 予測、予測
特徴 装備に頼らず、無課金や初心者でも扱いやすい例。連続遠征でも不利にはならない。
"行動型(小)"で"予測"ユニットを複数増やし、回避や鉄壁キャラを弱体化。
2ターン目以降なら予測の二段重ねで先制や報復の攻撃力も大幅に削減できる。
HPを伸ばしていけば多少のダメージには耐えられるのが利点。
MP基本値は11か16、31か36が望ましい(Lv30時にMP52、62と92、102)。残りはHPを成長させると安定。
おすすめ追加スキルは"予測"。
スキル爛を全て"予測"で埋めるのもいいが、ある程度、"鼓舞"や"踏破"+”指揮"を持つのも良い。
なお、高回避防御阻害無視に対応したいなら予測ではなく"指示"型にするのも良いだろう。
ver 行動型(小)は攻略に2ターン以上かける事を前提にした遅攻型の支援だ。
速攻を目指すなら再行動(近)に変え(-10)、踏破の後、疾走を取っていくと良いだろう。
その場合、MPは23(LV30時に76)で充分か。
行動型はMPを食うので白魔法がいなければMP系、例えばMP再生(小)があるとわりと余裕が出来る(+20)。
HP型に代え回避型であれば弱点は味方依存、孤高、知覚低下に代わり、弱点(物理)、弱点(魔法)に変える選択肢もある(+5)が、回避はHPよりもハードルが高い事に注意。
なお、トークンには才能スキルは反映されないので、才能を取るのは非推奨だ。

【初】低コスト(90)/収入増加タイプ(二十期)
基本値 能力値 基本値 能力値 装備
HP 10 21 MP 20 41 主武装 お好み
命中 0 0 回避 0 0 主修正
攻撃 0 0 防御 0 0 副武装 お好み
魔力 0 0 抵抗 0 0 副修正
幸運 0 0 移動 5 防具 お好み
Lv 1 コスト 90 防具修正
属性 (任意) 雇用価格 G 道具 活命針×3
特殊能力 才能(小)、才能(中)
スキル 道具活用、携行、収入増加/S1、収入増加/S2、踏破/10、収入増加/20、(収入増加/転、収入増加/転、収入増加/転、収入増加/転)
特徴 装備に頼らず、無課金や初心者でも扱いやすく、連続遠征でも不利にはならない。
何かと遣り繰りに困る期初めなどでは非常にありがたい収入増加ビルド。
期初め以外でもガッツに困る状況は多々あるので、非常に雇われやすいと言える。
遠征面では再行動(遠)と同効果の道具活用+活命針でアタッカーをサポート。
"しかしながら、完全に効率を求めたビルドであり、場合によっては面白みに欠けるかもしれない。
どちらかといえば、メインよりサブに据えたほうがいいかも。
PP振りはお好み。HPに振ったほうが無難か。
使いやすさや状況によって、収入増加を疾走に変えたりするのもいいかもしれない。
ver 不死を積んだ場合、万が一倒されても、リザルト画面上では収入増加の効果は発揮される。
一考の余地あり。ただし、コストは+35される。
基本的に低コストが喜ばれるため、コスト100以上は編入されにくいかもしれない。
現状、好調型にしたり、弱点を積むことでコスト50にする事も可能。
なお"活命針"はショップにこそ売り出されていないが、バザール・オークションに流れていたりする。
また、探索、ダンジョン、アイテムくじなどでも入手可能であるが、それよりも階級クエストで楽に、また確実に入手出来る。
ちなみに古参プレイヤーもよく余らせている。そこまで貴重なものでもないので、ガンガン使ってもOK。

【初】低コスト(80)/再行動・回復タイプ(四期)
基本値 能力値 基本値 能力値 装備
HP 15 31 MP 10 21 主武装 増加の指輪(直接増加/指輪)
命中 0 0 回避 0 0 主修正
攻撃 0 0 防御 0 0 副武装 回復の指輪(直接回復/指輪)
魔力 10 10 抵抗 0 0 副修正
幸運 0 0 移動 5 防具 革鎧(防具/革鎧)
Lv 1 コスト 80 防具修正
属性 (任意) 雇用価格 G 道具
特殊能力 再行動(近)、才能(小)、
弱点(属性)、味方依存、孤高、知覚低下、不幸、発動低下
スキル 踏破、疾走、白魔法/S1、(疾走/10、疾走/20、秘技(増加)/転、疾走/転、白魔法/転、白魔法/転)
特徴 装備に頼らず、無課金や初心者でも扱いやすい例。連続遠征に向いている。
"再行動(近)"でアタッカーを複数回行動、回復の指輪で味方のHPとMPを回復、増加で威力を上昇。
基本的にHPと魔力を成長させ、自身のMPが切れそうなら自力でMPを回復する。
おすすめ追加スキルは"白魔法"と"疾走"。
"才能(小)"のおかげで初期から非常に扱いやすい半面、もし5回以上転生したならば、次のシーズンの始めにキャラクターを作り直して"才能(小)"を外すことをお勧めする。
その際には装備品が強化されているなら、事前にギルドに属するなどして信用できそうな人(大ギルドのマスターなど)へ装備品を預け、次のシーズンで返してもらう約束をしておくとよい。

防衛型

主に拠点防衛・週末戦用。大きく回避型と防御型に分けられ、敵の攻撃を受け止めたり避けたりするタイプ。
遠征では対応型AIの相手の攻撃範囲に入り引きつけて次ターンにたこ殴りをかける「釣り」や、"身代わり"や"護衛"、"足止め"などで敵の攻撃を一身に受け、味方を守る護衛役として役に立てる。
遠征用ならともかく、拠点防衛の場合、アタッカー以上に大器晩成で、10回以上の転生、更にアイテムが揃わないと防衛キャラの主力になる事は難しい。
このためオススメ例には、防衛型としては完全に亜流だが、無課金・転生3回で使える完全遠征用のキャラを記載する。

低コスト(95)/近接・大トークンタイプ(十九期)
基本値 能力値 基本値 能力値 装備
HP 1 3 MP 23 70 主武装 槌(直接物理)
命中 0 0 回避 0 0 主修正
攻撃 0 0 防御 0 0 副武装 両手化(補助)
魔力 0 0 抵抗 0 0 副修正
幸運 0 0 移動 5 防具 服(防具)
Lv 1 コスト 95 防具修正
属性 (任意) 雇用価格 G 道具
特殊能力 MP上昇(or配置拡張)、行動型(大)、弱点(属性)、弱点(物理)、緊急時弱体、味方依存、知覚低下、発動低下、不幸
スキル 踏破、挑発
特徴 無課金でも扱えるが、少々トリッキーな扱いが必要な例。
最初は弱いが高レベル・高転生ならそこそこ。
トークンを呼び出し、敵の攻撃を一斉に引き付ける事で仲間を守る。
また、本体よりは攻撃性能が高めなので、攻撃役がいない場合の緊急用サブアタッカーとしての運用も可能。
行動型に限らず、トークンという存在は遠征中に倒されてもデメリットは一切ない。 非常に便利なので、ぜひ有効に使いたい。
PP振りはMPが良い。追加スキルは"挑発""鉄壁""防御専念"がイメージに合うが、疾走・離脱で相手の攻撃範囲内から逃れたり、足止めで道を塞ぐなどの選択肢もある。
(足止めは敵の引き寄せ効果があるので、本体も狙われやすくなるので玄人向けか。その場合は本体の装備要素に"隠行"をつけるとよい)
"挑発"スキルを活用する場合は絶対に本体で使用せず、トークンに使用させること。
運用に自信があるならMP上昇と行動型(大)を好調型にするとコスト69まで下げられる。
ver これ以上に更に「低コスト」で的を絞るのであれば"行動型(大)"⇒"障害型(大)"+"配置拡張"を勧める。

弱点と好調型への補足

まず、「各種の弱点(特に回復不可/蘇生不可/虚弱)」と「好調型」は、「連続遠征」という無課金でも有利に立てる部分を活用しにくくなる要素であることに留意して欲しい。

ここに示すサンプルデータを参照する際に注意したいのが、「各種の弱点(ここでは、コストが-5されるすべての特殊能力を意図する)」と、
「好調型(1ダメージでも被るとその特殊能力が失われるが、特殊能力のコストが2割減される)」だ。
これらはゲームに慣れた人が慎重に考えた選択肢であり、あなたがゲーム勘に優れている自信があるなら、問題なく実装してもよい要素だ。
しかし逆にあなたが気楽にゲームを遊びたいのであれば、先に書いた「連続遠征しにくくなる」という点で、お勧めしかねる要素でもある。

「連続遠征」は第五期から実装された要素で、非常に「各種の弱点」と「好調型」に厳しい仕様となっている。
単純な結論で言えば、「回復不可/蘇生不可/虚弱」そして「好調型」の能力を持つキャラクターは、連続遠征にまったく不向きとなる。
連続遠征はやや初心者向きではないゲーム要素なのだが、無課金でランキングや収入を上げたいなら、避けては通れない道であることに留意して、各種サンプルデータを見て欲しい。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。