※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

141 名前:名無したんはエロカワイイ :2006/08/27(日) 23:14:39
野郎共「アニキ!次の宝探しはいつ…」

「ニャーニャー」「ミィー」
元親「おいおい!ちゃんと同じ量で用意したんだから仲良く喰え…ん?」
野郎共「ア、アニキ…」
元親「うわあぁぁぁー!!ややや野郎共!?」


144 名前:名無したんはエロカワイイ :2006/08/28(月) 00:21:23
こぬこたちの隠し場所は、四国上陸戦のアニキ
のいる場所につるしてあるクジラとかの裏と
みた

気がつくと、こぬこが箱から出て来てしまい焦
るアニキ


145 名前:名無したんはエロカワイイ :2006/08/28(月) 00:25:56
まつ「まあ、よく肥えた子猫ちゃんたちでござりまするね」(キュピーン)


146 名前:名無したんはエロカワイイ :2006/08/28(月) 01:12:22
長曾我部元親  土 下 座



147 名前:名無したんはエロカワイイ :2006/08/28(月) 01:24:13
元親「どうか…船でも大漁旗でもなんでも貸し
出しますからこぬこだけは…」
野郎共「ア、アニキ…!!」


148 名前:名無したんはエロカワイイ :2006/08/28(月) 01:25:52
サンデー「ふん、女に頭を下げるとは…堕ちたものだな長曾我部」
兵士「アニキを悪く言うなオクラー!」
サンデー「滅せよ!」


151 名前:名無し曰く、 :2006/08/28(月) 01:37:00
こぬこ「ミィーミィー」
アニキ「ああっ!こぬこ…!!」
サンデー「…!」


152 名前:名無したんはエロカワイイ :2006/08/28(月) 01:39:25
そんな元就様も、元親さんのところのこぬこを見て悶えていた。
僕はそのとき、元就様の氷の面が一瞬で砕けたのを確信した。こぬこは偉大だ


153 名前:名無したんはエロカワイイ :2006/08/28(月) 01:44:57
サンデー「そのこぬ…猫を我が駒として使ってやろう」
アニキ「こぬこをどうするんだ!」
サンデー「フン、知れたことよ!我が城へ連れて行くのだ」
アニキ「…。(あいつ…。)」


154 名前:名無したんはエロカワイイ :2006/08/28(月) 01:50:00
利家「まつ~、腹減った~」
まつ「今、新鮮なオクラが手に入りそうゆえ暫しお待ちを、犬千代様」
アニキ「か、加勢するぜ!」


155 名前:名無したんはエロカワイイ :2006/08/28(月) 02:26:14
しかしこぬこを質に取られてアニキ硬直、役立たず


157 名前:名無したんはエロカワイイ :2006/08/28(月) 03:23:51
ぬるま湯に突っ込み
外で遊んでいた証である世俗の泥をこそぎ落とし
日輪の加護を受けさせ
乾いた毛並を弄びつつ
嫌がるこぬこの首に綾紐を結わえ付ける


161 名前:名無したんはエロカワイイ :2006/08/28(月) 07:03:27
タクティシャーン、一緒にザビー城に帰りますのコトヨ


162 名前:名無したんはエロカワイイ :2006/08/28(月) 08:47:31
どさくさに紛れてこぬこ連れて帰るんじゃねぇ!


163 名前:名無したんはエロカワイイ :2006/08/28(月) 09:14:29
アニキのぬこ返せ~っ!!!


164 名前:名無したんはエロカワイイ :2006/08/28(月) 09:26:41
こぬこがいなくなったらアニキ泣いちゃうんだぞー!!


165 名前:オウム :2006/08/28(月) 09:40:14
…モトチカ…


166 名前:名無したんはエロカワイイ :2006/08/28(月) 10:03:30
オウム「オレのことも思い出してくれよ」