「ロード」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バンッッ!!!!!





突然の轟音と共にドアが吹き飛ぶ。
同時に、室内を駆ける二つの影。
一方はネギの方へ、もう一方はアーカードの方へ向かう。

「ネギ大丈夫!?」
「無事ですかネギ先生!?」

影の正体はネギを守る様にして立つ少女―神楽坂明日菜―と、アーカードの首に刃を突きつける少女―桜咲刹那―の二人だった。
自分の身を案じる言葉にネギは
「………………………………え?」
………沈黙。





「プッ……ククク………つまり整理、するとだ、お前等はこのアーカードになにかされる、と思ったのか?プフフフッ」
「うう…………」
「失礼しました……」
「確かに、こんな、プッ、熱い季節にロングコートは、ククッ、変態だな……は、腹が痛い」
結局ただの勘違いだったわけである。

「気にしないでくれお嬢さん」
アーカードが返す。
「は~……やっとおさまった。そういえば坊や、何でここに来たんだ?」
「あ、はい。実は………」

「成程。六体の吸血鬼か。だがおそらく下級種のみか、いいとこ中級種だろう」
「?何故ですか?」
ネギの疑問にエヴァが答える
「学園に入ったときには感付かれている、だがそれからは見つかっていない。つまり、逃亡時は力を感じられる程だったのが、隠れている今は力を感じられない。この程度なら坊やでも十分だろう」
「本当ですか!?」
「ネギ先生、私達も手伝います」
「あんただけじゃ心配だしね」
「いいんですか?………ありがとうございます、明日菜さん、刹那さん。じゃあ早速………」
「待て」
早速出発しようとした三人をアーカードが止める。
「『闇の福音』、お前は一つ勘違いしている。もう一つ、その条件に合致する場合がある」
アーカードの纏う雰囲気が変わる、心なしか、サングラスに隠れているはずの眼も鋭くなっている気がする。
「……………!?ま、まさか!?」
エヴァが気付いた、いや、気付いてしまった。最悪の事態に。
「六体の内訳は中級種三体、上級種二体。そしてロードクラスが一体」
「馬鹿な!?何故よりにもよってロードクラスを逃がした!?答えろ!!英国国教騎士団HELLSING『ゴミ処理係』不死者(ノスフェラトゥ)アーカード!!!」

エヴァは今までにないぐらいに取り乱していた。

逃がした吸血の中によりにもよって、自分と同格、能力などの相性次第では敗北すらあり得るヴァンパイアロード―真祖、またはその直系―がいるというのだ。
常人はおろか魔法使いでも、生半可な腕では餌にしかならないであろう。
平たく言えば輸血パックとあまり変わらない。



また刹那も、不死者と言う単語に反応してアーカードを再び敵として認識しようとしている。
そんな中でアーカードが言う。
「当初、こちらが追っていた吸血鬼は全部で十六。
奴はそのうち自分の腹心を除く十体全てを囮に使って逃亡を図った。動きは掴んでいたのだが、戦力を読み誤った。私は十体を殲滅後、もう一方に向かった。こちらに居ると思われていたロードが居なかったからだ。
そちらの処理に向かった者は駆逐され、現在傷の回復に専念している。学園に潜伏していられるのはロードの魔力によるものだ」

「……そのロードって、どれぐらい、強いの?」
明日菜はつまりながら問う。
「………全開の私と正面からやって互角だ。能力等の相性もあるから、やってみないとわからない。
基本的な能力としては、強大な魔力、驚異的な再生能力による不死性、圧倒的な力、身体を霧や蝙蝠に変え、吸血鬼の天敵であるはずの日光や銀を克服した化物だ!
こうなれば僅かな時間も惜しい!行くぞアーカード!坊や達も来るんだ!今のままでは上級種にすら勝てはしない!」

「半鳥の剣士よ。私は敵ではない。これから敵………化物との戦い方を教える」

この言葉を聞いて剣を下げる刹那。心なしか、その顔は青ざめていた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。