バイオハザード・麻帆良予告編


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

事件が起きたのは3日前、超鈴音が保有していたウィルスが漏れ出す事故が発生。
それから数日……街には謎の奇病が蔓延していた。

ネギ「超さん!あのウィルスは何なんですか!?」
超  「あれは……アメリカの製薬会社が作った特殊なウィルス」
ネギ「特殊なウィルス?」
超  「T‐ウィルスの感染率は90%、感染した者は身体が腐食しやがて……ゾンビになる」

アンブレラ残党の実験施設となった麻帆良市
それから数日……街には謎の奇病が蔓延していた。
街を闊歩するゾンビ、放たれたバイオ・オーガニック・ウエポン(BOW)
次々とT‐ウィルスに感染して倒れるネギの生徒達。
ネギは生徒達を救うため麻帆良市のどこかにあるワクチンを探して奔走する。
そんな麻帆良市に一人の男が訪れる、その男の名は……。

???「またゾンビか……泣けるぜ」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。