最初の悪夢 1


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

一瞬の沈黙を破ったのは、「せっちゃん」と、木乃香が呼びかける声でなくて、「お嬢様」と、刹那が呼びかける声でもない、鋭い摺り足の音だった。
そして、宙から舞い落ちるしずくの色も、また二つだけ、
赤い鮮血の色と涙の色。

「せっちゃん……何で………泣いてるん?」
血があふれ始めた肩口を押さえながら、木乃香は刹那に問いかける。
月明りで照らされた、刹那の顔は大量の涙で濡れていた。
しかし、返ってきた返答は、質問とは全く関係ないもの。
「夕凪の刃の餌食となるがいい。さもなくば、逃げろ、私を楽しませるために」
刀を木乃香の顔に突き出し、あふれる涙のある、無表情の顔向けた。
――周囲の視界が突然真っ白になったとき、
「せっちゃん……」
残忍な刹那の言葉と行動に、木乃香は吐き気と恐怖にかられ、後ろの地面を踏もうとあとずさる。

―――左足が踏んだ、グニャッとした感覚。
そのまま、長い黒髪を散らせながら、今度も月の光を直接仰ぐ。
後ろに倒れた木乃香は、泥水のような液体に、音をたてて仰向けに落ちる。
「……!!!」
肩口の切り傷が、尋常でない染みた痛みを訴え、声にならない叫びをあげた。
気付けば、仰向けの木乃香に、刹那が白い翼を広げ、沈まないように馬乗りになっている。
肩より高く刀を星空に向ける刹那。
その後の動きが、身体が沈み込み始めた木乃香にはコマ送りのように見えた。
肩から刀が降りてくる。
肩より下に落ちるとき、肘下だけが曲がって落ちてくる。
手首が胸より下がって落ちてくる。そして、腹よりも。

―――――さらに、両断された手首が、木乃香の腹の上の水面に落ち、波紋を作り出して、消えた………

いつの間にか、刹那の頭のてっぺんを見ている。
いつの間にか、誰かが刹那を大声で呼んでいる。
だんだん刹那から上へ上へと遠ざかりながら、木乃香は自分自身が叫んでいることに気がつく。
そして、誰かが抱き上げながら、自分を空に持ち上げつつあることにも。
「お嬢ちゃん、そんなに叫ばなくても大丈夫だ。助けに来てやったんだから」

上の方で、小生意気な、少し気取った少年の声が聞こえた。
「…………え?」
ショックの残る木乃香を覗き込んでいる顔がある。肉声の通り、まだ産毛の残る少年の顔だ。間違いなく子供だ。
目鼻立ちはぱっちりしていて、尖った顎。赤味が強い髪はショート・ボブで長い。肩まで垂れて届く赤いハチマキを巻いているのが見える。
「とりあえず、シップ着陸させる前にどっかに降りるからさ、ちょっとの間空中散歩な」
と、音にかき消されないよう大声で言い、親指で真上を指す。
さっきから聞こえるこの音って、これ?
とてつもなく巨大なプロペラが木乃香の頭の上で回っている。その風が、濡れていたはずの髪をなぶっている。乾いているのだろうか。
どうやら、長いロープをどこかに引っ掛け、吊られているようだ。しかも、しっかり飛んでおらず危なっかしく、フラフラ揺れながら進んでいる。
これってウチの夢?いったいどうして…
「ああ、そうだよ嬢ちゃん、あんさんの夢やがな、ってな感じかな」
ニヤッと、折れ曲がった金釘のように整った唇を曲げて笑う。
「なんで、ウチの考えてることが分かるん?っていうか、マネせんといてよ」
さすがにつられて笑いそうになってくるけど、それどころではない。
目の端に涙が残っていたが、緊張した顔を向け返した。
「あんたの夢の中にいる間は分かるんだけど、別に変に思わないでくれよ。自動操縦なんだけど、操縦桿が傾いちまって、フラついてるけど気に―――」

またも、唐突に視界が真っ白になる。
「せっちゃん!!!」
あの刹那が、切れた右手首をそのままに、二人をたたき落とそうと目の前まで加速をかけて飛んできた。
「せっちゃん、大丈夫!?なんで―――」
だが。
刹那を見下ろす木乃香の視界を縦に割る、一筋の目に写る閃光。
それは真っ直ぐに刹那の背中から入り、羽を散らせながら、刹那は真っ逆さまにドロドロの溜まり場に落ちていく……
「!、せっちゃああ----ん!!!!」
「だから、叫ばなくても大丈夫だって。しかも泣いてるし」
そう言っておきながら、少年はさらに続けた。
「あれはあんたの刹那っていう知り合いじゃないぜ。
嬢ちゃんを乗っ取ろうと、クライカンが仕掛けたトラップだからな、心配いらない。
オレらは“D・B”だよ、嬢ちゃん。そいつを捕まえるために、あんたのDFにジャックインしたんだ」

「とりあえず、込み入った話は落ち着いた場所でだ。大声出したり、暴れたりしないでくれ。な?」
確かに、文字通り地に足が着かず、恐怖に駆られている。
なだめられて落ち着いたので、なんとか周りが飲み込めてきた。
まだ真下に川があり、かなり高く宙に浮いている。
どうやら、右手で腰を抱かれて、左は何か握ってるから添えられているだけだ。
問いただしたいことはたくさんあったが、落とされては大変だ。なので、開きかけた口を閉じたいのだが、さすがに半開きになる。
「そうそう、黙っててくれればいいから」
さらに続けて、
「マエストロ、オレらだけでも降りれる場所は確認出来るか?」
よく見れば、口元に細い棒のようなもの。それに話かけている。耳にイヤホンのようにはまるところまで伸びている。どこかSF風のマイク、無線機のようだった。
深みのある低い声が何か言ったのが漏れてくる。
「了解、広い場所にシップ止めて、そこで落ち合おう」
クライカンって何?シップ?DF?マエストロって、師匠って意味のはずや。それに“ドリームバスター”って何や?
困惑した木乃香と少年を吊りながら、上の何かはフラつくのを止め、上昇しつつ真っ直ぐ飛んでいく。


「さて、嬢ちゃん。名前はなんて言うんや?」
シェンは怯えた顔を、上がった息を戻させるためにそう言って、覗き込んだ。
「近衛、近衛木乃香や」
気丈な性格のようだが、びびって震えてやがる。かなり難しいサルベージミッションになりそうだ。面倒くせぇな。
でも、その苦い感情を顔に出さないのは、四年間の実績の功だ
「そうか、オレはシェンだ。シェン。言えるか?よろしくな」
「よ、…よろしゅう」




ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。