プロローグ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

薄汚れた大気の空を、プロペラがうゆゆゆゆゆゆゆんとかき混ぜる音で、計器類だらけの狭い操縦席は満たされていた。
「なぁ、マエストロ、外の稼動音が大きくなってきたぜ。だいぶ、安普請のポンコツになっちま―――」
「うるさいわい。だまって整備しておれ!」
イラついた低い声が室内に響き渡り、シェンはいつもどおり次の行動察する。
たぶん、マエストロが使用中のドライバーが、ドアから飛んでくるだろう。
そんでもって、壁に深いみぞをつくるだろう。ジジイがそんなことばっかやってっから、整備することになるンだぜ?
もちろん彼がヒラリと避けたためにそのとおりになる。
彼らの日常のジャック・イン前の出来事だ。
ペグソンがBNを見つけたために、ロッジのお達しでジャック・インの命がかかり、準備を始めている。
シェンは、そんな状態でシップの四角い窓をコッソリと覗き込む。
ミクバ市の荒れ方は尋常じゃない。大災厄以来、街並みは荒廃して、復旧作業もままならない。
廃墟と化すところ、ならず者が住み着くところ、気味の悪い突然変異した虫が巣くうところ、最悪物件なら何でもござれだ。
ここから見える唯一の川、デイン川すら汚濁のたまり場なのだから。
―――まぁ、大体作業終わってるからな。
「マエストロ」
デッキから、
「なんじゃ、また何か言い足りんか」「今日のジャックポイント先の地名、どこだったかな?」
がんっ、今度は操縦席かよ。
「それぐらい覚えておかんのか、サイタマケンのマホラシと言うておいてあるじゃろうが」
「あぁ、そんな名前だったな」「だったら黙っておれ」
低い声がイラつき始めた。短気は大損するぜ、ジジイ。
「そのジャックイン・ポイント、手動算出すンのが大変なんだよね、誰かやってくンない?」
 お、操縦桿がへこんだ。


顔を撫ぜる涼しい夜風、聞こえてくるのは制服の衣擦れの音と、川が流れる水の音だけだった。
最近夜遅う帰ってきとるから、こんな夢見るんやろうな。
図書館島が見える河川敷で、外灯が照らす中、木乃香は車さえ通る音もしない、夜中の麻帆良の川沿いに居る夢を見ていた。ふとんに入った記憶もある夢を。
やけにはっきりした夢やわ。ウチ、こんな夢見たような記憶もあるしな。
そんなことをしみじみと考えながら、地を踏みしめ踏みしめ、黙々と川沿いを歩き続ける。
気持ちええなぁ。寝転がってみよか。
ゴロンと地面に大の字になると、わずかに欠けた白い月が目に飛び込んでくる。その見事さにしばし感嘆とする木乃香。
きれい・・・、ほかの皆にやネギ先生に見せてあげたいくらいや。
――あれ、星の数が増えとらへんか?
スカートを波立たせながら立ち上がる。周りが暗い。月明かりだけの視界。
いったいどうしたんや。・・・外灯が消えとらへんか?
暗闇の中、自分が一人でいるという感覚。それは木乃香にとって、恐怖に 感じ取られた。
なんや・・・いったいどうしたんや!?
あれは・・・・・せっちゃん?
数メートル間を空けて、刹那が確かに立っている。
ただ木乃香にとって疑問は二つだけ、
何でせっちゃんは装束、着込んでるんやろう?何で刀を抜くんやろう?
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。