Episode 0「プロローグ」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ああ・・・、またこの夢だ、
ここは何処だろう?見たことも無いはずなのに
すごい見覚えがある、どうやら部屋みたいだ、
ぼやけてて詳しい事は分からないけど、
広くて、壁がグレーの部屋、目の前には
男の人が居る、 こっちもぼやけていて
分からないけど、60歳以上だろう、
良くみると、何かを喋っているようだ、
声は聞き取れない、 でも私の名前を言っている
のはたしかだ、なんで 私の名前を知っているの
だろう?私はこの人を知らない、 でもこの人は
私を知っている、私も何かを言っていた、
自分の声なのにうまく聞き取れない、
でも私がその人の名前 を言っているのは
分かっった、「ジョン」そう言っているのは
確かだった、なんで?私はこの人を知らない
はずなのに、 私はこの人を知っている、
なぜ、知らないのに知っている? 分からない、
何がなんだかわからない、私がそう思っていた時、
ジョンは右手を私に向けた、手に何か
持っているようだが やけて見えない、次の瞬間、
手に持っているものから ダダダッと音がした、
私は動いていた、私は何かを手に取り、
それをジョンに向けると、それから小さい
何かが飛んでいた、 それからは、
ダダダダッと言う音がするだけだった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。