※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アテリズム 作詞/38スレ164


A)朝も夜も 響く喧騒
星も月も明かり濁し
街は限りを 時計を捨てた

A)憂い唄う 此処に蜩(ひぐらし)
夢を捨てた夢追い人人は明かりを 希望を捨てた

B)透明人間 共鳴社会
波に呑まれて波になる

S)君は左手 空へ伸ばし
星を 月を 望もうと
存在証明
縛り解(ほど)いて
瞬く空 目指して