※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

水色 作詞/つまだ ◆p8aGW/SVn.


A)ゆらゆらゆら冷めざめと
川の流れに移す夏の日を
僕はただただ眺めていた
冬の雪溶ける頃に
A)6月の雨の匂い
花模様は水色凛々と
鮮やかに道を彩って
あの時の夢を見せて
S)藍染の 町並みに
僕はまた 君を見つけ
追いかけた
いつの間にか
夜になって
夏が近づく
S)何一つ 譲れずに
僕は今 想い抱え
雨は上がり
君への花
空に飛ばし
綺麗に咲いた
水色