※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

雪の映画館 作詞/34スレ203


胸の奥が冷たくて 僕は一人ため息つく
広がってく真白い影 僕は一人空見上げた

舞い降りた 雪のスクリーン
始まりのベルが遠くで 鳴っていた

君が映る この映画は 一人で 見るには悲しすぎて
思わず景色が歪んでしまうよ
君が映る この映画は 何故だか 続きを見るのが怖すぎて
分かってしまったんだ 好きだったと

胸の奥が苦しくて 僕は一人うずくまった
広がってく幸せの影 僕は泣きながら 祝福した

舞い降りた 雪のスクリーン
僕の出番はもうとっくに 終わっていた

君が映る この映画は 一人で 見るにはつらすぎて
思わず目を逸らしてしまうよ
君が映る この映画は 何故だか 急にハッピーエンドが
分かってしまったんだ おめでとう