※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

いざよいのつき 作詞/34スレ197


  おぼろげな月 虹色の輪が 淡い光みせて(は)
  少し 溜息つき とまどい(を)みせ 恥じらうように 昇る
 月が 満ちて ほほえみ みせた

この夜に 二人 手を取って
触れてく 心 切なく 揺れてる
 だきしめ(て)た 温もりが 風の中 消されて(い)ても
 引き止め(て)る 瞬間は(orその時は)
  月が 満ちて 恥じらい みせた

夜露が 二人 つらくして
思わず 心 騒いで 揺れてる
 だきしめ(て)る 冷たさが 春の夜に 咲きはじめる(と)
 迷いそ(う)な 瞬間は(orその時は)

  月が 満ちて 昇る ためらいがちに
  いざよいの月の顔 泣いているけど
  満ちた 時が 過ぎた 霞たなびく
  美しい夜をまとう 姿 見つめた(orる)


 だきしめ(て)た 温もりが 風の中 消されて(い)ても
 引き止め(て)る 瞬間は(orその時は) 離れないと願ってる
 だきしめ(て)る 冷たさが 春の夜に 咲きはじめる(と)
 迷いそ(う)な 瞬間は(orその時は)

  月が 満ちて 終わる 別れの時に
  ざわめいていた風が ふいに 止まった

音源