※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

梅花散ル晩 作詞/23スレ131


天ノ橋 君ニ渡シタ 恋ノ行            (あまのはし きみにわたした こいのくだり)
五月雨ニ 想イ流ルル 雨簾           (さみだれに おもいながるる あますだれ)

夢ニ 君ガ現レテ                  (ゆめに きみがあらわれて)
我ノ 手ヲ刹ト 手繰ル               (われの てをせつと たぐる)
二人 別ツ其ノ日マデ                (ふたり わかつそのひまで)
闇ヨリ深ク 慕イ申ス                (やみよりふかく したいもうす)

現世ノ 君ハ何故 川ノ対岸ヘ 行クノカ     (うつせの きみはなにゆえ かわのたいがんへ いくのか)
打ツ瀬ニ 伽羅ノ香ヲ 漂ワセ 消エテ逝ク   (うつせに きゃらのかを ただよわせ きえてゆく)


我想ウ 月ノ満チル 晩ニ              (われおもう つきのみちる ばんに)
貴船ニテ 打チ込ム 恋斑             (きふねにて うちこむ こいまだら)

夢ニ 君ガ現レタ                   (ゆめに きみがあらわれた) 
我ノ 事ヲ今モ 想ウガ為              (われの ことをいまも おもうがため)
二人 別ツ其ノ日マデ                 (ふたり わかつそのひまで)
黄泉ノ国デモ 相慕ワン               (よみのくにでも あいしたわん)

現世ノ 君ハ何故 彼ノ対岸ヘ 行クノカ     (うつせの きみはなにゆえ あのたいがんへ いくのか)
打ツ釘ニ 君ヘノ情ヲ 込メテ 染メ上ゲル    (うつくぎに きみへのじょうを こめて そめあげる)
現世ノ 君ハ何故 川ノ対岸ヘ 行クノカ     (うつせの きみはなにゆえ かわのたいがんへ いくのか)
打ツ瀬ニ 伽羅ノ香ヲ 漂ワセ            (うつせに きゃらのかを ただよわせ)
梅花散ル 破羅破羅ト                (ばいかちる はらはらと)