※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

甘い夢  作詞/91スレ841


幸せが当たり前すぎて見えなかった
今日も僕の名前を呼んでくれると信じていた

人は誰かを愛し ちっぽけな事で
大きな幸せや悲しみを噛み締める

君が好きだったモノは 僕も好きになれたよ
君が居たから前へ進んでいける日もあった
温かい温泉でも癒せない傷も直してくれた
僕の中には君しかいない 残っていないんだ

だからいかないで いかないで いかないで
もっと甘い夢見させておくれよ・・・