※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

終末の予感 作詞/一(にのまえ)


法律をを砕いて金まみれ
欲が弾けて血溜まりの花
都合の悪い事は押入れに隠して
ペテン師の笑顔で少女を誘惑

濃い星座の星屑の霰が今夜降る
どうしても欲しいモノがあるから流れ星を待つ
少女はきっと今日も流れ星を待つから
ココアを入れて暗く狭い部屋で少女を待つけど
きっと今日も帰ってこないよ

毛布に包まって 夢の中でだけ少女は自由と友達になれた
気付いたら終末は直ぐソコでこっちを見ている
気付いたら終末は直ぐ後ろで黙っている

少女の寝顔にそっと流れ星がつたい
寒い夏の明け方にカラスは喚く

きっと来るその日を待ちながら
少女は今日も流れ星を待ち続ける

救われない 助からない 諦めない
流れ星降る夜を待つ日々をなぞれば
終末の時は直ぐにベッドに潜り込む

安らかに眠る少女を憂う大人達は
少女の夢すら叶えられない