※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

送り火  作詞/85スレ91


夏の終わりを偲びつつ
ほら大文字 鳥居 舟形
夜空 朱に染め 誰を誘(いざな)う

歳ひとつ重ねため息
ほら六文銭 わらじ 傘杖
夜空 朱に染め 我を誘(いざな)う

針落とせば 刹那の音色 原色の
熟れた果実 滴り落ちて 退廃の

彼(か)の岸 此(こ)の岸 渡りきて
堕ち行く先は 誰(たれ)ぞ知る